【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 2006年がまた暮れようとしています。本年も皆様方よりご厚情を賜りましてまことにありがとうございました。心より御礼申し上げます。

 本年を振り返ってみますと私事ではございますが、住居が事務所の隣に変わったことが一番大きなできごとでした。退路遮断。決めたからには前を見てしっかり頑張っていこうと思って毎日を過ごしてきました。通勤時間などが短縮した分、事務所の業務を頑張ろうとしてきたつもりです。どういう行動をとることが関与先の皆様のためになり、また会計事務所の理念にもかなうかということを考え続けてきました。何にしろ内勤で事務所内にばかりおりますので、よほど心を研ぎ澄まさないと問題が見えてきません。是非皆様方のお声を拝聴したいところです。

 法人税や所得税関係では事業所様の営業時間内に巡回監査で訪問させていただいておりますが、資産税関連の依頼にみえる方は遠方であったり、平日会社勤務であったりと会計事務所の営業時間内にお出でいただくのが難しいことが多いので、休日や夜間に来ていただき仕事をまとめることができました。これも職住隣接の利点でした。相続などにおいても全相続人の方にお集まりいただき何度も協議を重ねることができたことなど本当によかったと思っております。私はお茶を用意した程度の役割ですが、依頼に見えた方とじっくりお話して方向を導き出し、申告書にまとめていくという一連の流れの一端に関わらせていただけたことはたいへんありがたいことでした。

 迎え来る2007年。皆様方の益々のご発展とご健康をお祈りし、本年賜りましたご厚情に改めて深謝し、一年の終わりのご挨拶とさせていただきます。

(2006/12/20・荻原幸子)