【事務所通信バックナンバー】

この十年

 「十年ひと昔」と言います。私がこの事務所に入所したのが平成8年ですから、あと数ヶ月でその「十年」が経過します。この十年で、変わったこと、変わっていないこと、様々にある中で、改めてそれぞれの物事を評価・点検しなければならない時期に来ていると感じています。

 世の中の流れはますます速くなり、次から次へと新しいものが出てくるのですが、自分自身、それらのものをどこまで把握し、実際流れに乗っているのだろうか、と思うことがあります。それら全てを実践し、評価するということは、超人的能力がない限り不可能なのではないかと思えるほど、現代は大変に複雑でせわしない時代です。当事務所でも、電子申告など新しい物事に目を向け、取り組んでいるつもりでおりますが、それでもまだまだだなと思わされることは沢山あります。私がこの一年で思いを強くしたのは、そういった新しい物事に取り組むためには、土台作りが肝心であるということです。そしてその土台作りは、新しいことに取り組む以上に大変なものであることを思い直しました。土台作りは、それ自体を丁寧にしなければならないうえに、作り終わったら放っておけばよいというものではなく、メンテナンスを繰り返し繰り返し行わなければいけません。前段で、「この十年で、変わったこと、変わっていないこと」と書きましたが、土台作りは「変わらず継続していく」ことに意味があります。ひと昔と言われるほどの時間を過ごすと、自分でも気付かない内に、「飽き」「慣れ」「癖」といったものが心の中に堆積してきてしまい、物事を真っ白な状態で眺めることができなくなってきます。

 昨年受講したTKC上級職員研修の職業倫理という科目でテキストとして使用した書籍を最近読み直しているのですが、その中に頻繁に出てくるのが「心に対象物のない状態」という言葉です。人は物事を捉えるときに、評判や過去の経験、好き嫌いなど知らず知らずのうちに思い込みを付加してしまっているものだ、物事を正しく捉えるには常に心を澄まして(対象物のない状態にして)おかなければならない、というのです。よくよく考えれば、10年前からやっていることも最初は「新しい事」で、今日から新しく始めることも10年後には「前からやっている事」になるはず。本質的にどちらも変わりありません。単調でつまらなくても、淡々と粛々と続けられる心、面倒そうで大変そうでも、素直に受け入れられる心、そういう心持ちが「対象物のない」状態なのだろうと思います。

 来年もきっとせわしない年になるでしょうが、私自身も心の中を整理し、物事の本質を捉えられる人間になりたいと思います。浮き足立たずに、自分の立ち位置をしっかり把握し、心にぶれの無い状態で、物事に当たって行きましょう。

(2006/12/20・相原愛紀)