【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 今年は、ライブドア事件から始まり、多くの企業での不祥事が多かった年のように思えます。企業はもとより、国や地方公共団体の不正や不祥事も多く、何がどうなっているのか?本当に正しく税金が使われているのか疑問に思うことがしばしばありました。今後は、コンプライアランス(法令遵守)はとても重要になるでしょう。しかし、法律を守るということは、当たり前の当然のことなのですが、なぜできないのでしょうか?税務会計に携わる一人としていくつもの税法の案件を処理してきました。現在は、そのような案件は無いのですが、入所間もない頃は、法令遵守のできない関与先がありました。将来に不安がある、みんながそうしている、などの理由によって。その案件を実施した先の多くは、現在、存続はしていないのが実際のところです。正直者はバカをみると言われていた時代があったようですが、今は、正直者が生き残るのです。地道にひたむきに当たり前のことを当たり前に実行していくことがこの景気下では必要な事なのではないでしょうか?「経営革新」も各企業にとって当たり前なのです。現状に甘んじているだけでは、生き残れません。大きなことではなくても良いと思います。小さな改革の積み重ねがやがて大きな革新へつながっていくと思います。事務所としてもできる限りのお手伝いができるように日々研鑽に励んでおりますし、システム構築、研修等への積極的参加により、ノウハウの取得にも頑張っております。毎年、書いているようですが、もっと、会計事務所を有効活用してみてください。

 また、今年をあわす漢字が「命」だそうです。皇族に男児がお生まれになり、喜ばしい事ですが、反対にいじめ問題などから自殺する若者が多くなっている社会問題、また、先ほどの法令遵守にも関係するのですが、飲酒運転による交通事故死が後を絶ちませんでした。また、自然災害により、多くの尊い命が奪われた年でもありました。私事ですが、皆様のご心配をおかけし、色々とアドバイスをいただきましたが、この原稿を書いている時はまだ誕生をしていないのですが、年内には子供が誕生します。まともに「命」の尊さを実感している一人です。今後は、小さな力かも知れませんが、地域をはじめ、社会での活動を通して、「命」の尊さに貢献が出来ればと思っております。この書面をお借りいたしまして、ご心配をしていただいた方々にお礼を申し上げます。本当に有り難うございました。

 今後は、扶養する者(守らなくてはならない者)が増えます。今まで以上の責任が出てきます。これを糧になお一層、日々精進努力をし、関与先企業様の繁栄の一助になりますように頑張りたいと思っております。今年は本当に有り難うございました。来年もよろしくお願いいたします。

(2006/12/20・**退職者による記事**)