【事務所通信バックナンバー】

今年を反省して

 一年を反省してみると、税理士の事務所には怒濤の如く革新の嵐が押し寄せてきました、書面添付、電子申告、会社法、電子帳簿、どの事も簡単にできることではありません。

 早起きして仕事をしています。朝は私にとって最も頭のさえているときで、よいアイデアが次から次へと生まれています。しかし、一年中同じ時刻に起きているわけではありません。夏、冬、春、秋、多少起床時間をずらしています。マンネリにならず、長続きさせるこつだと思います。

 早く起きればよいというものでなく、多少の工夫をし、自己決心を促しています、その中で自分という存在を確認しています。

 自分が生きるということは、よく思考するという活動をさすと思います。それによって、自分らしさが生まれ、個性が培われると思います。単に知識を集めるだけでは何の創造ももたらしません。集めた知識をよく噛みくだいて、自分の血肉とすることで初めて創造活動に繋がってゆくのです。

 いつも、自分で考えているというイメージをもち、それを実践して、来年もひとつ一つ課題の創造活動を続けたいと思います。

 本年もありがとうございました。

(2006/12/20・荻原秀樹)