【事務所通信バックナンバー】

セミナー開催に思う−その2

 かねてよりお知らせして参りました『TKC経営革新セミナー2006』―去る11月7日(火)に開催、無事終了することができました。今回は新しい試みとして、山梨中央銀行日下部支店様の一室をお借りしての開催となりました。ご協力誠に有り難うございました。

 さて、セミナーが終わりますと、「一山越えたな」と、ほっと胸をなで下ろすのですが、同時に反省点や次回への課題も浮かび上がってきます。中でも集客については毎回のことながら、難しいなと感じさせられます。我々も試行錯誤を繰り返し、開催日は土曜日が良いのではないかとか、時間帯は昼間、夕方、夜など様々に候補を挙げてみたり、いつも悩みつつ決めています。せっかくセミナーを開くのだから、より多くの方に聴いていただきたいと思うのですが、皆様もそれぞれにご都合があり、なかなか予定が合わないという現実もあります。案内状も、ホームページ掲載、郵送、持参、FAX送信、さらに今回は会場である山梨中央銀行日下部支店様にも置いていただいたりと、様々な方法で配布しています。お陰様で、今回は関与先のみならず、商工会や銀行員の方々にも多くご参加いただけたことで、盛況の内に終えることができました。

 私個人の反省はと言いますと、若干予定時間を超えてしまったことが悔やまれます。これまでは、かなり詳細な原稿を用意していたのですが、どうしても「覚えたことをただそのまま話す」感が否めず、もっと伝わりやすい話し方にできないだろうか、と考えておりました。そこで今回は、話すことは箇条書きにまとめるだけにして、原稿をシンプルにしてみました。その分時間は計り難くなり、後半は少し急ぎ足になってしまいました。

 各人とも、前回よりは今回が、今回よりは次回が―というように、向上心を持って取り組んでいます。こういったセミナーや研修会は、とかく「話す者」と「聴く者」の二つに分かれがちで、講義が一方通行になってしまうところがあります。今後もセミナーや研修会を開催していく予定ですが、我々も研鑽を積み、工夫を重ね、セミナーの参加者全員が、話す側でも聴く側でもある有機的な「勉強会」のスタイルをとっていければと思っています。皆様にも継続的なご参加をいただけますようお願い申し上げます。

(2006/11/20・相原愛紀)