【事務所通信バックナンバー】

人間の心理と成果主義

 人間は職業を通して自己実現をしたいと欲しています。使命に目覚め、使命を果たし、そして最高の認知をしてもらいたいのが人間の感性です。

 欧米の企業には成果主義を導入している会社が多い。仕事の成果に応じて、報酬を大きく増減させ、社員の物欲にストレートに訴える方法です。大きな成果があがれば、大きな報酬が与えられるが、成果があがらなければ報酬は減らされ、場合によっては解雇されるというドライな人事制度である。

 日本人は同質的な民族であり、「横並び」の中流意識が強いため、報酬や待遇に大きな差ができることに心理的抵抗が大きい。日本企業において欧米流のストレートな成果主義を採用すれば、当初は「頑張ればボーナスが増える」と組織が活性化するように見えても、数年も経たないうちに、恨みや妬みによる人心の荒廃を招いてしまう。もちろんそうかといって、すべての従業員の処遇を同じにするということがあってはならない。みんなのために一生懸命に頑張っている者もそうでない者も、まったく同じになるならば、それはかえって悪平等となってしまう。

 人は認められるために生きています。納得のいく評価を得られることは生き甲斐であります。「人に生き甲斐を与えるほど大きな愛はない」言われていました。納得できる評価は永遠の課題と言われています。永遠の課題とは古くて新しい問題ばかりです。それは、与えられるものでなく、努力して創造していかなければならないものだと思います。

〈参考文献〉
 『アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役』稲盛和夫/日本経済新聞社
 『業績志向型賃金体系の運用と作り方』小原靖夫/経営書院


(2006/10/18・荻原秀樹)