【事務所通信バックナンバー】

内省する習慣を

 「人生のほんとう」という本に「だいじなことを正しくかんがえれば惑わされない迷わない」とありました。

 「思索が美味しくなるのは、人生の果実が熟する晩年」 と言う。だから、趣味や娯楽に走るのはもったいない。思索することこそ人間に生まれた醍醐味だと。それには若いころから内省する習慣をもつ必要があり、宗教や哲学はそのためにある。そんなことから考えてみました。

 私の職業は税理士なので独立した自営の職業です。就職して勤務者として暮らすような選択もありました。後者の場合、つまり勤務して暮らす場合には、特に、勤務先と自分との関係をどう形成して行くか、その関係をどう構成してゆくか、という問題があります。独立した自営の職業に就いている場合には、お客さんがなければ餓死する危険まであるわけで、そこで、そういう専門職を自営する立場の人は、勢い金銭の獲得という一点に強烈な意識を集中しなければならないという泣き所があるわけですが、その一線を画する壁を突破したならば、お金の獲得に懸命にならざるを得ない苦況からも脱します。

 人間には意識の積み重ねがありますから、意識障壁からはなかなかぬけでられるものではなく、金銭欲を下敷きとして生活する傾向があります。わたしはそれもクリアーしました。私の場合には、独立してから5,6年間厳しい生活環境にさらされていました。

 ところで、就職していたら会社と自我との関係をにいかに築くかが問題となります。自分と会社のあり方調整をしぼりこみながら、つまり一種の妥協を繰り返しながら生きてゆく、といういきかたと、自分の観念を滅却してしまって会社のあり方を、そのまま、自分のあり方として生きてゆくことが人生の達人だと思います。これができたなら、会社から一番尊重されてゆくでしょうが、自己との激闘を乗り越えなければならない点に課題があるが、はたして自分にはできたかというわけです。

〈参考文献〉
『人生のほんとう』 池田昌子 トランスビュー
『自己探求―本当の貴方はどれですか。』 飯塚毅 TKC出版

(2006/09/21・荻原秀樹)