【事務所通信バックナンバー】

朝の学習会

 九月に入り、秋の月の美しさが際だつようになりました。涼しい風にあの暑かった夏を思い浮かべて安堵してみたりしますが、体には夏の疲れがたまっていて、周りでも体調を崩している方を多く見かけます。皆さまはいかがでしょうか。くれぐれも無理なさらぬようにご活躍くださいますようお祈りいたしております。

 さて私どもの事務所では常に前向きに物事に取り組んでいきたいと考えておりますが、2006年9月5日商工会の方のご協力により、朝の学習会を開催することができました。環境の変化の著しいこの時代にあって、いかに顧客の心をつかんでいくか、というテーマでお話いただき、感銘を受けました。人を思いやる心を持たなければ、今相手がなにを必要としているか、どんな形で支援して欲しいかが見えてきません。私自身の毎日の仕事の中でも慣れてただ手を動かすのではなく、こういう真摯な気持ちを持ち、事にあたっていかなくてはいけないと深く反省しました。

 また自動車会社の例で、「会社にスーパースターはいらない。チーム一丸となって功績を上げればいい」という言葉もとても印象に残りました。会計事務所というと監査担当者と関与先の方とのおつきあいに終始しないとも限りませんが、事務所全員で関与先の方の事業を応援していますという全社体制を押し進めていけたらと思っています。実際今、当事務所では自分の開発したファイルの書式をどの関与先の方のためにも使えるようにと各担当者が公開してくれています。私自身提供を受けるばかりなのが悩みですが、関与先の方の益々のご発展を願って私自身もこのファイルを使いこなせるようにがんばりたいと思っています。所内みんなで協力し研鑽を積み、その結果を皆さまのところにお届けできればと思っております。どうぞご要望など様々なご意見をお出しください。

 朝の一時間、とてもわかりやすくまとまった映像と丁寧なご解説を賜り、開眼のひとときでした。このひととき、私の中にはこの事務所を開いた当時のことがよみがえってきました。苦しい思い出もいっぱいあります。そんな中でいつも温かく見守ってくださった各商工会の皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。今後ともまたご指導くださいますようどうぞよろしくお願いいたします。

▼プロジェクターも使用し、効果的な学習会となりました 朝の学習会

(2006/09/21・荻原幸子)