【事務所通信バックナンバー】

セミナー開催に思う

 当事務所では、これまで「TKC経営革新セミナー」の他にも、「経営者セミナー」「年末調整セミナー」「FX2フォローアップ研修会」など、いくつかのセミナーや研修会を実施してきました。セミナー開催決定から実施当日までは、案内状や当日使用する資料の作成、会場の手配、機材の準備、お客様への声掛けによる集客など、様々な作業に追われます。しかし、もっとも大変なのは、当日の講義内容の決定と準備です。

 普段私たちは、関与先の皆様の所に伺って、色々な話をする機会を持たせていただいています。私も以前は、話をすることがとても苦手だったのですが、この仕事に就いたお陰か、今ではそれも楽しみに思えるようになりました。しかし、セミナーや研修会のように、複数の方を前にして「講師として」お話しするのは相当のプレッシャーであり、何度か経験を重ねても、あの何とも言えない緊張感からはなかなか解放されるものではありません。もちろん講義内容を決定してから当日までは、そのための原稿を書いたり、当日配布するレジュメやプロジェクターで映すための資料を作るなどして、皆様に伝えたいことを徐々に固めていくわけですが、いつも思うのは、この時だけの付け焼き刃ではなく、普段から仕事あるいは私生活を通じて、あらゆる物事に関心を持ち、思索を巡らすことの大切さです。人前に出てあがる原因の主なものは、「準備不足で不安がある」とか「失敗して恥をかきたくない」といったところでしょう。そこには不安や迷いがある上に、さらに自分をより良く見せたい、という本来の自分を無視した思い上がった自分がいるのだと思います。自分の中に確固たる軸というか柱を持っている人は、何事に対してもぶれることがないし、いたずらにあちらこちらをバタバタと走り回ることがないものです。私が人前に出て緊張してしまうのは、まだまだ軸が定まっていないからなのでしょう。

 日々研鑽を積むことや、控えている物事に対して、準備を万端にすることは当然必要ですが、いざ本番を迎えたときには、今いる自分本来の姿を大切にし、伝えたいことの半分も伝わらなかったということのないようにしたいと思います。11月7日の経営革新セミナーでは、何かしら掴み取ってお帰りいただけるよう準備を進めております。日々の業務のお忙しい最中ではあると思いますが、ご自分の「軸」がどこにあるのか、そしてそれは定まっているのか、見つめ直す機会と思って、是非ご参加下さい。

(2006/09/21・相原愛紀)