【事務所通信バックナンバー】

禁煙

 7月1日より、たばこ税の増税により、たばこの販売価格が値上がりしました。それを機会にといいますか、良いタイミングとなる個人的出来事も重なり、5月末ほどから禁煙にチャレンジをしております。所内では、全体会議の折りに発表をし、関与先様には、この書面をお借りしまして、お伝えさせていただきます。禁煙実施を成功させるための重要なことは、周りの人々に禁煙実施の宣言をすることだそうです。言ったからには、喫煙を目の前ではできなくなるようにしてしまうように自分を追い込む意味もあると思います。3ヶ月弱をすぎておりますが、何となく体調も良く、以前に比べ、食事もおいしくとれ、体重が幾分か増加してしまい、スーツがきつくなってしまう、経済的に逆効果も出てきてしまってはいますが、家族からも喜ばれ、禁煙をしてよかったなあと思っている今日このごろです。

 禁煙効果は、どんなものか?これから禁煙をお考えの方の参考になればと思い、簡単に書きたいと思います。

  • 病気になるリスクやそれから疾患からくる死亡のリスクが低下する
    • 肺ガンなどの重大な疾患は、喫煙が深く関わっている恐れがあるようです。
    •  
  • 生理機能が好転する
    • 禁煙するとイライラするなど多方面で、良くない影響が出るという感覚がありますが、よく食べられ、よく眠ることができ、そちらの方が良い影響を与えると思います。
    •  
  • 若さの秘訣は、禁煙!
    • ある禁煙実施書物に書いてありました。
    •  
  • 母体に及ぼす影響は、大きい
    • 私の禁煙もこのことが大きな要因でした。
    •  
  • 呼吸機能の改善
    • 昨年から地元ソフトボールチームに加入しましたが、以前と比べ、走ることがそれほど苦しくなくなりました。
    •  
  • 喫煙直接経費の減少
    • 毎日2箱を吸われる方は、10年間で約216万円。
    •  
  • 喫煙間接経費の減少
    • 喫煙関連疾患による医療費の減少・死亡損失の低下ほか。また、煙害による電化製品等の損害低下。各種価値(家や車など)の低下防止。火災危険からのリスク低下、などなど。
    •  
  • 受動喫煙影響低下
    • 吸わない方への悪影響の低減。
    •  

 社会的にも禁煙・分煙化が進んでおります。私自身も電車は、禁煙車、ファミレスは、禁煙席となりました。禁煙にチャレンジしようかとお考えの方がいらっしゃいましたら、これを機会にチャレンジをされてみてはいかがでしょうか?最初は、良いことばかりではないかも知れませんが、いずれ、多方面で良いことが現れてくると思います。今回は、税務会計・経営とは離れたものとなってしまいましたが、経営者の方々の身体的リスクを考えますとリスマネ?の一環となるのではないかと思い、書いてみました。参考にしてみて下さい。

(2006/08/22・**退職者による記事**)