【事務所通信バックナンバー】

「不撓不屈」を鑑賞して

 このネットワーク紙上やホームページ・監査の折りにPRさせていただきました映画「不撓不屈」が先月17日(土)よりロードショーされました。私も18日(日)に甲府にあります映画館にて、鑑賞してきました。愚妻を伴っての久しぶりの映画鑑賞(結婚してから初めてで、前回は、北野たけし監督の菊次郎の○…?だったでしょうか?)だったので、若干の戸惑いがありつつも期待いっぱいで出かけました。公開2日目ということもあり、TKC関係や会計事務所関係で混雑が予想されましたが、それほどでもなく、こちらは期待はずれでした。

 原作を読んでおりましたので、先ほどもいいましたが、大きな期待で臨みました。映画が始まるやいなやその内容に引き込まれてしまい、あっという間の時間の感覚でした。これは、原作本を初めて読んだときの状況全く同じものでした。原作本を読んだときもこのネットワークにその時の感想を書かさせていただきましたが、とても充実したすばらしい作品でした。自分自身税務会計という仕事柄身近に感じる作品ですので、そこまで感動できたのだと思いますが、「マルサの○」のような映画とはまた一つ違う感動がやはりありました。

 内容については、まだご覧になっていない方もいらっしゃると思いますので、書きませんが(この書面では伝わりにくいと思いますし、是非、どんな形でもいいのでご覧いただきたいと思いますので、割愛させていただきます。)最初の飯塚会計事務所の事務所内のワンシーンがあるのですが、事務所の壁に「(税金の)1円の不足も、1円の納めすぎもあるべきではない」という教訓が写り、また、主演の滝田さんがこの文言をいうシーンがありました。このシーンでは、自分自身に問われているようで、身震いをしてしまいました。入所間もない頃は、TKCの基本講座を受講させていただき、理念をたたき込まれ、日々仕事をしていたつもりですが、長い年月を経てしまうと当初の仕事に対する理念がすすまみれになってしまっているように思われ、とても情けない自分がここにいることを気づかさせられるシーンでした。理念といえば、「自利利他」の再認識もできたのではないかと思います。関与先を多種多様な事柄から守る。関与先の繁栄が事務所の繁栄につながる。最近、自分自身に欠けているものを教えてもらいました。また、対税務署との長い闘いの中での家族愛や夫婦愛も盛り込まれていまして、男子不覚にもウルウルしてしまったシーンもありました。

 映画鑑賞と合わせて、原作本の一読をお勧めいたします。内容がとても充実します。私も観賞後、早速、本棚にしまい込んでいた原作本を取りだし、再読をしました。再読したら、また、映画を見たくなりました。映画館に行こうと思っていましたら、甲府は、7月7日までの上映でした。ご覧になっていない方は、他県では一部上映しています。また、単発でのホール上映を予定しているようですので、お見逃しなく。また、DVDなどで発売されるか現在では確認がとれておりませんが、発売されましたら、是非、購入をしようと考えております。

 この映画により再認識したことを日々の業務に生かせるように努力し、関与先様の繁栄のお手伝いができればと思っております。

(2006/07/21・**退職者による記事**)