【事務所通信バックナンバー】

自利利他の実現を本気で考えるものとそうでないもの

 前号に引きつづき「自利利他の実現を本気で考えるものとそうでないもの」を会計人の原点を抜粋、引用しながら考えたいと思います。

(A、B、Cは前号に掲載)

D 経営組織の中で抜群に昇進する者の四条件

 アメリカ、イリノイ大学の経営学のジョーンズ教授著で『執行機関の意思決定のしかた』の書物の中に経営組織の中で抜群に昇進する者の4条件で、どういう会社、どういう事業体に入っても、必ず抜群の成功を遂げる人と、いくら努力しても失敗ばかりする人とがあるといっています。抜群の伸びを示す人は必ず、少なくとも次の四つの条件はもっていると書いてあります。これがきつい、難しい条件です。

 第一は自分の仲間の顔を見た瞬間に、顔のうしろに何があるか直に直観できるとということ。たとえば同業者にあって、あるいは自分の中で「やあおはよう」と、あった時に、その時にその相手の額のうしろに、今何があるかということが、パッとわかるかどうか。

 それから、第二の条件は、あなたは物を考えるときに、自己中心から離れて発想できるか。つまり、自己中心の発想法からあなたはぬけでているかどうかということ。

 第三の条件は、人々に方向を与えられるかどうかということです。つまり、万巻の書を読んだとか読まないということは関係ない。  第四の条件は、イエスとノーとをはっきりいえるかどうかということです。本当に財をなして成功する人は、イエスかまたはノーかをきっぱりいえる人なのです。私どものような不肖なる者は、とてもその四つ条件などかないませんけども、お互い短い人生の中でこの四つ条件をかみしめていこうではありませんか。

 人にあった時、相手の額のうしろには今、何があるか?言い換えれば直観能力です。直観能力を豊かに養って行かなければ駄目です。直観能力をどうやって養ったらいいのか、実はそれは簡単です。瞑想することです。瞑想する場合に大切なことは、自分の心の中に塵ほどのごみもない、塵ほどの邪魔物もない、全く無念無想である。そういう状態を自己修練すればよいのです。

 実に素晴らしい名言だと読むたび感銘します。会計事務所を経営していると様々な事例に出会います。この現代の激流のなかで自分の信念を貫いていかなくてはならない。そして、関与先のみなさん方の事業の益々の発展のために日々選択と決定をおこなっていかなくてはならない。そんな重大な責務を担っているからこそ私はこの『会計人の原点』を座右の銘として、立ち戻り、振り返り心静かに読むことを続けております。 

〈参考文献〉『会計人の原点 飯塚毅著作集1』TKC広報部

(2006/07/21・荻原秀樹)