【事務所通信バックナンバー】

一隅を照らす

 トップ記事にも全国一斉公開のお知らせを掲載させていただきました映画『不撓不屈』。高杉良原作の実名経済小説『不撓不屈』が映画化されたものです。私も原作を読んだ後、公開初日に早速映画館に足を運びました。今回は、映画・小説のご紹介かたがた、色々と考えた事を書き綴りたいと思います。

 さて、会計事務所の仕事と言うと、関与先の皆様はもちろんご存じの通りですが、一般的な理解度・浸透度は今ひとつと言わざるを得ないようです。私の体験から例を引けば、比較的親しい人は日頃仕事の話をする機会もありますので、大体どのような仕事かは分かっているようですが、久しぶりに会った友人や親戚などは、どのような業務内容かほとんど知らなかったり、違う業種と混同していたり、という事が多いものです。しかしそれも無理のないこと。ご自分でご商売をされていたり、ご家族が亡くなって相続が発生したりして、税務申告に直接関わりでもしない限り、税理士・会計事務所とのつきあいもないでしょうし、従ってその業務内容についてもご存じないでしょう。

 企業経営の主体は企業(経営者)自身ですし、申告を行うのも企業(事業者)自身です。我々はそのお力添え、代理をしているに過ぎません。決して卑屈になっているわけではなく、元来裏方的な性格の強い仕事であると思っています。『不撓不屈』の映画化は、そんな我々の仕事に一隅を照らしてくれています。こうして、毎月手作りの事務所通信をお届けしているのも、我々の仕事をもっと知ってほしいという思いがあるからです。巡回監査でお客様のところまで出かける道すがら、「○○商店」「○○工務店」「有限会社○○」といった看板を見るにつけ、ああ、ここにも企業活動があって、決算期になれば決算を組み、申告をしているんだろうなあ、と思いを馳せずにはいられません。そしてまた我々会計事務所が、中小企業の一隅を照らす役割を果たさねば、と思いを新たにするのです。

 映画『不撓不屈』―題材も堅いものですし、派手なアクションや特撮があるわけでもなく、至って地味な映画です。しかし世の中を回しているのは、目立った活躍をしている人ばかりではありません。むしろ特別注目されずとも、地道に、コツコツと地味な仕事をしている人が沢山いてこそ成立するものも多いと思うのです。普段は決して主人公ではない人の視点―そこにほんの少しスポットを当てて見ていただきたい映画です。

《原作小説のご紹介》
『不撓不屈』(文庫版・上下巻) 高杉良 新潮社 2006年2月発行
 ※文庫版は、飯塚毅先生没後のエピソードが加筆されています。
『不撓不屈』(ハードカバー)  高杉良 新潮社 2002年6月発行

(2006/06/22/・相原愛紀)