【事務所通信バックナンバー】

自利利他の実現を本気で考えるものとそうではないもの

 TKCの飯塚会長の残した『会計人の原点』を時々開きます。その中に多くの経営者は、なんとかして機会をみては、儲けよう儲けようと考えている、とあります。以下「第2章説得力 経営の本質」の項より著作の概略を引用のかたちでお伝えします。

A.「自利とは利他をいう」
 「本当の自分の利益、自利とは利他をいう」―これは今から1200年位前、比叡山を開設した伝教大師が言った言葉です。「自利とは利他をいう」、伝教大師は、本当の自利とは、自分の利益ですが、それは利他をはかることだというのです。徹底して人様のためにと、割り切っていってこそ、利益が初めて返ってくる。たっぷりと返ってくるのです。

B.利他に徹すると経営は無限に発展する
 これはモルガンがそう言っているのです。モルガンは、有名なアメリカの財閥です。モルガンという財閥系の六つの会社の売上金額は、日本の国家予算よりは大きいのです。今日の世界の財閥のモルガン、彼は青年の時は貧乏だった。そして彼は嗅煙草を売っていたそうです。ある日のこと、そのモルガン青年のところに、貧乏ったらしい、乞食に近いような女の人が煙草を一個買いにきた。一セントか二セントでしょう。彼はその時に、実に優しく、もう、この人の煙草以外は私は一生涯買わない、とその女の人が思いこむ位に、素晴らしい親切さと快適さで売ったというのです。「お客というものに、ああ、私はこの店以外は一生涯よそへ行っては買うまい、というほどの、快適な、感激する気持ちを与えるほどのサービスをやっても、原価は一円もかからない」と。

C.「同行二人」の教えるもの
 その悟りは、要するに、自分の心の中にもう一つの心がある。これが無心というもの、それは仏というものである。だから実際は、われわれは常に一人いるようだけども、仏と一緒にいるんだと。だから、お遍路さんよ、あなたは杖をついて四国の札所八十八番を歩いているけれども、実はあなた一人で歩いていると思ったら大間違いだよ。  そこでわれわれは、経営というものに従事しながら、本当に「自利とは利他をいう」ということに、思いが至るならば、同行二人、生身の俺の外にもう一人、本当の仏そのものとしての俺がもう一人いるのだ、本当の己れに目を見開いて生活していくべきだと。それをやってみると実は、自利利他の消息がよくわかってくる。そこのところが実は、商売にとっては縁がないようであって、じつは一番重大な決め手になる問題だと思います。

 以上一部割愛もまじえて引用させていただきました。私は、この『会計人の原点』を繰り返し繰り返し読んでいます。日常のなかでつねにこの書物に立ち返り、自分の人として、また会計人としての原点に立ち戻ろうとこの書物の扉を開きます。自分の中に知らず知らずに芽生えてくる志の減退など感じるとき、この書物は多くの気づきを与え前に進む力を与えてくれます。赤鉛筆で傍線をひき、付箋紙をつけながらら読んできたこの書物に私はどれだけ多くのことを教えられ、また励まされて今日の日を迎えることができたでしょう。自分自身の中の奢りを捨てて常に謙虚に「自利利他」の実践をおこなっていきたい、そう思っています。  現在「飯塚事件」を題材にした映画も公開されています。ご覧いただければTKC会計人のめざすところをおわかりいただけると思います。また上記引用の続き「D.経営組織の中で抜群に昇進する物の条件」は次号に載せます。

〈参考文献・引用〉『会計人の原点』 飯塚毅著作集1 TKC広報部

(2006/06/22・荻原秀樹)