【事務所通信バックナンバー】

会計事務所の朝

 会計事務所の毎日は朝礼から始まります。まずそれぞれが本日の予定を発表し、次に社団法人倫理研究所発行の『職場の教養』を輪読します。最近では皆様のお手元にこの『職場の教養』をローテーションでお送りしておりますので、数ヶ月に一度はお読みいただく機会もあろうかと存じます。何年も輪読を続けていると心がけなくてはいけないことは幾つかに集約されるものだな、と気づきます。しかし、頭で理解するのと自分が実践できるのとは大違い。毎日豊富な例話の中に示される「今日のこころがけ」。何度この一行に励まされ、わが身を改めねばと思ったことかしれません。

 そして午前10時までのタイムサービスでクロネコヤマトさんが帳票を届けてくれます。この帳票は「三年度比較売上高推移グラフ」「月次貸借対照表」「損益計算書」「月例経営分析表」「総合仕訳帳」「消費税関係の諸帳票」などで、皆様のところに監査に伺った日の監査終了後午後5時までにTKC東京統合情報センターに送信したものが翌日というタイミングで出力されてきます。東京―山梨間の距離を感じさせないスピード感。雨の日も風の日もいつもクロネコヤマトさんの笑顔で届けられるこの帳票。本当に感謝しています。「戦後の改革はヤマト運輸とセブンイレブンから」といわれているそうですが、お客さんが何を欲しているかという飽くなき追求と温かい心など、「お客さんの身になって」ではなく「お客さんの立場に立って」荷物の受付から配達までそれぞれの分掌をこなしていらっしゃるクロネコヤマトさんには本当によい朝の始まりをいただいています。

 さて私の仕事はその届けられた帳票からお知らせの紙をみんなに配るところから始まります。『TKCシス研速報』をはじめとして重要なお知らせが次々届きます。そして次に帳票を分けて綴じます。この中に「総合仕訳帳」という一月ごとのすべての取引を記入したものがあります。その数は様々ですが、皆さんが毎日ご尽力なさっている様が手に取るように伝わってきます。私たちの事務所は月に一度巡回監査でお邪魔させていただいておりますが、この日までにお忙しい業務のなか日々経理していただいていることに頭がさがります。そして私はいつもその仕訳の中に「元帳摘要 顧問報酬・取引先荻原会計事務所」という仕訳を眺めこの顧問報酬をいただいているが、顧問先の方は当事務所の業務の提供に満足してくださっているだろうかと深く考えます。こんな時代ですのですべて合理化できるものは合理化したいし、経費は削減したいことでしょう。こんな中で私どもがいただいている報酬についても深く考えざるをえません。

 市販パソコンで経理をおこなったら、月次巡回監査ではなく、年一にしたら、などなど切り詰める方法も浮上してくると思います。しかし、ここを最後の牙城と考えていただければ幸いです。

 以下は昨年調査を体験した方の話の要約です。

 平成17年秋に税務調査の連絡が入り、はじめての調査だったため何を準備したらよいのかわからなかったけれども会計事務所から「何の準備もいりません」という連絡だったので、とりあえず売掛金でも見てみようかと思ったけれども月々正しいことが確認されているので今更何もすることはない、それでは仕入れを確認と思ってもこれも確認されている。それでは現金出納をと思っても月次決算で正しいことが確認されているのだから今更、ということになり結局調査といってもその日を待つだけで何もすることはなかった。日々というには間があいてしまう時もあるが累々の営みのなかでその都度処理されてきたものだからこそ信憑性があり、これが思い出して一年に一回まとめていたのでは正確性が保証されない。人間は少し前のことは忘れてしまうものだから。世間では調査となると過去のぶ厚い書類を出してきて夜通しかけて見直しなどという人もあると聞く。そして調査が終わるまで仕事は手につかない、そしてまた調査後支払う税金の資金繰りに頭を悩ませる。これでは、意欲の減退となってしまい本業に精をだすこともできずせっかく築きあげてきたものも崩れてしまう。結局調査による修正事項は何もなく、毎日の経理をあたりまえのように続けてきたことが本当によかったと感じられた。

 正しいことは正しい、この自信が日の光のもと堂々と歩んでいける力強さを生み、企業活動も力強いものになっていくと思います。これは日々の努力の積み重ね。TKCシステムのすばらしさと関与先の皆様と会計事務所の自利利他の実践の賜物だと思うのです。

 景気回復と謳われても中々世間一般の情勢は厳しく、経費削減に頭を痛める日々でもあると思いますが、会計事務所をフル回転で利用してください。私共も本当にこの会計事務所に頼んでいてよかったと言っていただけるよう頑張りますので、どうぞご忌憚のないご意見ご要望をお聞かせいただきたいと思います。

 会計事務所の一日の始まり。毎日同じスタートで始まる朝のひとこま。「毎日同じ時間に同じ場所で同じ事をこつこつと積み重ねられること」これが成功発展への王道であると聞いたことがありますが、自分自身に自戒の念を込めて改めてこの言葉をかみしめる今日この頃です。

(2006/05/22・荻原幸子)