【事務所通信バックナンバー】

会計事務所に期待されること

 景気回復とはいえ、現状は全国250万の法人企業の70%が赤字で、成長でなく停滞であります。社会変化とのミスマッチを起こして赤字に転落してしています。

しかし多くの会計人は自己の永年の関与先が、引き続く赤字に苦悩している姿に接しながら、目をそらしています。

 関与先不満の原因の一つに現在提供している業務サービスの陳腐化があげられます。企業が赤字であれば黒字に転換させるよう、黒字であればさらに永続的な基礎を作りあげるよう関与先の経営改革の助言、指導を行うべきだと思います。

 経営に関するアドバイスやさまざまな指導、経営情報の提供を行い、赤字であるが、社員の昇給、賞与について相談にのり、業績向上の方法を計数面から考えていくというレベルの高いニーズに対して、うちは税務と会計しか見ないという事務所には全く対応ができないのが事実です。

幸いにして、中小企業の経営者にとって会計人は、最も身近な存在であり、信頼できる人のうちの一人です。正面から立ち向かって支援していくことが会計事務所に期待されています。これができるのが当事務所であると自負しています。皆様の益々のご発展のためにまた一層の研鑽を積んでいきたいと思っております。

〈参考文献〉
『会計事務所の経営革新』―会計参与制度の対応と成長戦略 宮本嘉興 ぎょうせい P.3〜14

(2006/04/21・荻原秀樹)