【事務所通信バックナンバー】

確定申告を終えて

 12月後半からの『税の季節』を事務所一丸となり無事終えることができました。それもひとえに皆様方のご協力があってのことだと感謝にたえません。

 私個人のことですが2月11日に引っ越しをし、自宅を事務所の隣に移しました。職住隣接となり、一層仕事に身を入れていく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

 様々な谷を越え、山を越え、桜の咲く春を待つ季節を迎えてほっとしていてこのようなことを思いました。

 一つの職業、一つの分野に自分の一生を定め、その中で長く地道な労働を営々と重ね、厚みのある人格のある人に接する機会があり、深遠な言葉を寡黙のうちにもポツリと話したことで自分の過ごしてきた日々を振り返り、こんな本のこの文章を思い返しました。

「一般によく見受けられる考え方は、労働とは生活するための糧、報酬を得るための手段であり、なるべく労働時間は短く給料は多くもらい、あとは自分の趣味や余暇に生きる。それが豊かな人生だというものです。そのような人生観をもってる人のなかには、労働をあたかも必要悪のように考える人もいます。労働には、欲望にうち勝ち、心を磨き、人間性をつくっていくという効果がある。日々の仕事を精魂込めて一生懸命に行っていくことがもっとも大切で、尊い修行となるのです。」
稲盛和夫著『生き方―人間として一番大切なこと』サンマーク出版 P.21より引用

 日々の労働の中にこそ、心を磨き、高め、少しでも悟りに近づく道があるということです。また私もこれからの人生の毎日の中でこのことをかみしめて実践していきたいと思っています。

(2006/03/22・荻原秀樹)