【事務所通信バックナンバー】

二月

 二月の雨が万物にやさしく降り注ぎます。会計事務所の春は忙しさに紛れて、花の開花にも気づかないときがあります。三月の申告期限まで頑張らなくてはと思います。

 この季節こそ日々の経理の大切さに心から感じ入るときです。日々業績をつかみながらここまでたどり着き、後は決算を待つばかりといった感じです。日々の反省点などをこの時期にその次の期に役立てるよう再編していくときでもあります。心には思い描いていても具体化するとなると、中々チャンスを逃し、先送りということも多いので、ゆとりをもって取り組みたいところです。

 皆様ご存知の通り翌月巡回監査率という言葉があり、TKCの会計事務所では、少しでも最新の業績をつかみ、経営の舵取りに役立てていただけるよう今が二月なら二月末までに一月分の監査を終え、TKC情報センターに伝送を完了することをめざして日程を組んでいます。そして三月初めにはその結果が一覧表になって翌月監査率○○%となって事務所に届けられます。今はFXなどの自計化システムをご導入いただいている方が多いので、月単位というよりは日々刻々と変わる業績をみていただいているわけですが、月次決算を終えた最新のデータは何より強い経営の方向付けとして有意義なものだと思います。これが二ヶ月前のデータ、また半年前のデータだったらどうでしょうか。やはり最新のデータを求め続けるためにもこの翌月監査率を気にすることが必要だと痛感します。この点につき日々お忙しい日程の中監査にご協力いただき、心より感謝しております。

 二月。自分自身も事務所の経理にかかわる身として反省することの多い月でもあり、また次年度に向けて様々な挑戦の心も湧き上がってくる月でもあります。

(2006/02/21・荻原幸子)