【事務所通信バックナンバー】

額に汗して

 私が、高校を卒業して就職したのが、某銀行でした。業務のイロハをはじめ、いろいろな事において指導をしていただいたのが、現在言われております、2007年問題の団塊の世代の方々でした。親身になって、右も左もわからない私を手とり足とり一人前に育てていただいた方々が、定年退職を迎える年齢になってきていることを思うと感慨深いものがあります。

 団塊の世代の方々は、日本の高度成長期において、最前線で働いておられた方々と思います。まさに額に汗して、ビジネスに取り組まれていたと思います。また、バブル崩壊後の時期には、それぞれが、責任者や中堅として、何とか日本経済の再生をと胸に刻んで、努力されていた世代なのではないでしょうか。

 その団塊の世代の方々の定年退職が、2007年以降集中し、退職金の支払、今までの給与所得分などの税金や社会保険料の減少などが、いろいろなところで、問題となるのではないかという事が、2007年問題だと解釈しております。税金や社会保険料の負担が減少する分現役世代への負担が増す可能性もあるとは思います。所得が減少することで、消費の減少がおき、景気の後退という事もあるかも知れません。ただ、今まで、額に汗して、お勤めしていた方々が、簡単にリタイヤされるとは考えにくく、逆にその世代の培った技術や能力を低価格でとは、とても失礼にあたるとは思いますが、今までの報酬以下で、発揮していただける環境となり、企業にとっても経済にとってもよりよい方向にむかう問題になっていくことを期待したいと思います。

 また、最近では、その団塊の世代の方々向けのビジネスが活発化してきております。都会から地方へという動きは益々増加していくのではないのでしょうか。地方公共団体を先頭に各地で、展開しているのを最近ニュース等で多く見かけるようになりました。中小企業の活性化は、日本経済の再生の源ですが、地方経済活性化も日本経済の再生にとっては、大きな課題です。団塊の世代の方々の今後の地方での活躍が日本経済の再生の一翼となるのではないでしょうか?そのようにとらえますと、ここ山梨にも活性化の波がくるのではないでしょうか?都会からも近いという利点もあり、自然環境にも恵まれている。ここ最近、分譲マンションや賃貸アパートなどの住環境の整備が積極的に行われている背景には、この問題があるのではないでしょうか。人が移れば、お金も移り、その地にお金が落ちる。山梨の経済の再生に期待したいと思います。

 表題を「額に汗して」としました。今やインターネットの時代。クリック一つで、一瞬にして、何千万円ものもうけを生む時代です。ある大手企業も株の取引のからくりで、大金を手にし、急成長をした。企業が大きくなることは、そこに働く人や家族、経済にとっても良いことだとは思います。ただ、中身の問題はあると思います。額に汗もかかずに何だこんなに簡単にお金が稼げるんだ的な雰囲気は、あまり良くないものではないでしょうか?極端ですが、労働意欲が少なくなり、いろいろなところで、また、問題を起こしかねない現象と危惧しています。団塊の世代の方々は、額に汗して頑張ってこられ、日本をここまで大きくしていただきました。現役世代もやはり、額に汗して、稼がなければならないのではないでしょうか?

(2006/02/21・**退職者による記事**)