【事務所通信バックナンバー】

2006年 年頭所感

 新しい年が始まり、ひと月が経過しようとしていますが、皆様いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか。日頃の税務会計に対する深いご理解とご協力、心より感謝申し上げております。

 最近の経済状況を見ると痛感するのですが、資本主義は競争が原理であり、赤字になっても誰も助けてくれません。儲けを目的にする経営には、王道と覇道があります。王道とは、一人当たりの売上、一人当たりの粗利益、一人当たりの給料をできるだけ高くすることであります。規模よりも質を追求することを王道というのです。そして存在する価値をどこまでも磨いていく必要があり、そんな企業こそが社会から求められ発展していくのだと確信しています。

 本年も会計事務所一丸となって皆様の益々のご発展に寄与できますよう頑張っていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

(2006/01/23・荻原秀樹)