【事務所通信バックナンバー】

2005年の暮れに思いを込めて

 本年も皆様に多大なるご協力を賜りましてありがとうございました。思い起こせば今年は『経営革新セミナー』『年末調整セミナー』などを行い、対外的にも高い評価をいただくことができ、毎年前向きに頑張ってきた成果だと嬉しく思っております。いつも支えてくださっている顧問先の皆様方、そして日々研鑽を重ね頑張ってくれている小林、相原の両名には心から感謝しています。 

 私もあと少しで五十路というところにさしかかり、自分の中で物語が綴られるほどの年齢になりました。私の故郷は長野県ですが、十八の春、中央線に乗り通過した山梨の風景の美しかったこと。沿線に広がる百花繚乱の絵巻物に桃源郷とはこういうものかとみとれていたことを思い起こします。

 そして数年後、山梨に縁があり定住することになったのですが、その年の暮れに投函した県内向け年賀状は0枚。そんなスタートの私でしたが、二十余年後の今ではたくさんの方のおかげを受けてこうしていることができます。

 跨線橋の上に立ち眺める中央線の上り線、下り線。私のふるさとに向けて延びる線路、また青春時代を過ごした街へと続く線路。両方にしみじみとなつかしい思い出があり、線路のきしみをなつかしく聞きます。そして今。自分の中でまた新しい時がやってきました。2006年の初春より、事務所の隣に住まうことになり、何よりお世話になっております顧問先の皆様にまずご報告方々ご挨拶を申し上げたいと思っている次第です。考えてもみなかったことですが、まるで吹き寄せられるようにこの地に至りましたことは、やはりなみなみならぬ縁であったことと思っております。

 自分自身の『五十年』をあと少しで迎えるのにあたり、今まで受けたご恩に改めて深謝し、今後少しでも関与先の皆様方のお役に立てるよう努力していきたいと思っております。今後ともご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。

(2005/12/21・荻原幸子)