【事務所通信バックナンバー】

「心」と「形」

 昨年も「今年の漢字」という話題から書き出しましたが、今年も同じ話題から。過去10年で選ばれた漢字の中には、「震」「倒」「毒」「末」「戦」「災」など、どちらかと言えば暗い印象のものが目立ちます。2005年「今年の漢字」には、『愛』という漢字が選ばれました。しかし、残念ながら今年も、決して愛あふれる出来事ばかりではなく、愛情の足りなさを感じる嫌な出来事も多く起こりました。

 思えば、私たちは今、随分と複雑な世の中に生きていると思います。例えばこの原稿はパソコンを使って書いていますが、そのパソコンが壊れても私には直すことが出来ません。仕事でもプライベートでも常に持ち歩いている携帯電話も、線もつながっていないのに遠く離れた人となぜ会話が出来るのか、説明できません。自動車がなぜ走るのか、テレビがなぜ映るのか、日常的に起こっていること、使っているもの、何となく「こういう仕組みだ」と分かってはいるにしても、それらの多くが自分一人の手には負えないものになっています。今やあらゆる分野において専門性が高まり、今後もそれは複雑多岐に渡っていくことでしょう。しかもこれだけ社会が成熟してくると、もはや専門家と呼ばれるのは一部の人に限られず、かなり多くの人が、他者に簡単に取って代わられない―つまり専門的な仕事に就いていると言って良いのではないでしょうか。おかげで私たちは沢山の利益を享受できるわけですが、一方で、その中身について詳しくは分からないというリスクも背負わなければならなくなりました。そしてそのことは、私たちがいつでも、専門家にも素人にも成り得るし、加害者にも被害者にも成り得るということを意味しています。

 今年は残念なことに、専門家の不祥事が目立った年でした。あらゆるものがブラックボックスの中にあり、複雑に絡まっている今、ほんの少しの悪意や誤り、見過ごし、ボタンの掛け違いでも、それによってもたらされる結果は、甚大なものになります。それだけに専門家たる者の責任は、以前にも増して重くなっています。人が過ちを犯したり、時に悪意を抱いたりしてしまう生き物である以上、制度を整え、責任の所在を明確にすることは、今後ますます重要になってくるでしょう。そういう「形」によって、不祥事を未然に防ぐ準備をする事に加えて、私たちひとりひとりの「心」の有り様も問われています。今は、良心とか誠実さといった昔はとても大事にされていた「心」がないがしろにされ、その分「形」で補わなければいけない状況になっていると思います。皆様もあらゆる場面でチェックが厳しくなったり、うるさく言われるようになった、という実感を持っていらっしゃるのではないでしょうか。『愛』という字が、「今年の漢字」に選ばれたのも、そんな背景を反映しているからではないかと思います。

 さて、この『愛』という漢字、私の名前の一文字でもあります。名前負けしていると言われないよう、来年も頑張ります。そして「心」と「形」の両輪がバランス良く回り、より多くの人がおおらかな心持ちでいられるよう願って、今年一年の反省と致します。

(2005/12/21・相原愛紀)