【事務所通信バックナンバー】

今年を振り返って

 先日、テレビで、今年を振り返ってという番組があり、その中で、勝ち組・負け組特集なるものを放送していました。勝ち組には、多くの女性が、逆に負け組には、多くの男性が紹介されていました。今年もまたというか、女性が多く活躍された年ではなかったかと思います。プロゴルファーの宮里選手を筆頭に各界で年初から多くの話題を集め、国民に明るい話題を振りまいてもらいました。かたや男性陣といえば、JRの脱線事故、女児殺害、年末に入っては、耐震偽装問題と暗いニュースに登場するのは、男性ばかりで、さみしい感が否めません。唯一、勝ち組といえば、小泉総理ぐらいではないでしょうか?来年は、男性陣の奮起を期待したいものです。

 勝ち組負け組という例えは、企業においても鮮明にでてきているのではないでしょうか?企業業績をみても、はっきりとその差がでてきていると思います。大企業では、V字回復、株価上昇等で企業格差は、鮮明に映し出されてきております。ただ、ライブドアや楽天のように新興企業が、ウルトラC的な行動をとってしまうと一気に負け組に転落してしまうこともありましたが、その企業の本業をきちんとしている企業は、回復基調が一段と進んでいるのではないでしょうか?ピンチがチャンスと以前言われておりました。厳しいときこそ新たなビジネスに向かって企業価値を上げていく。うまくいけば良いのでしょうが、現在の景気下においては、簡単には行かないのが現実ではないでしょうか?今の本業をきちんと見直し、回復基調に乗せ、体力をつけて、次のステップへが実際の堅実的な考えになるのではないかと思います。とっても保守的な考えなのかも知れません。ただ、低迷する景気下で、どの企業も体力が相当落ち込んでいると思います。まずは、足下をきちんと固めることが経営改善の第一歩ではないかと思います。

 私たち中小企業においても勝ち負けは、鮮明にでてきているように思われます。勝ち組の多くは、経営革新に真剣に取り組んでいる企業が多く存在しています。自社の姿をきちんと把握し、改善できるものは、どんどん取り組んでいく。目標をもって、それに一歩でも近づけるように毎月毎月きちんと業績を把握し経営努力をしていく。また、本業をもってその目標のクリアーを目指す地道な努力を続けていらっしゃる企業は、この先更に勝ち組として、残られていくことだと思います。経営者が危機感をお持ちになり、他力本願ではなく、世の中のせいにすることなく、率先して、経営改善に取り組んでいかなければ、勝ち組になることはないと思います。また、現状に満足することなく、常に上を目指す気合いが必要と思われます。したがいまして、毎月の巡回監査を受けることは、経営改善にとっては、最初の一歩です。決算書をつくるのに、銀行に試算表を提出するために受けるだけのものではありません。自社の現在の姿を知る最も有効なことです。また、自計化することによって、監査を受けずとも、毎日自社の姿を確認できることも有効な手段と思われます。傷が浅ければ(治療が早ければ)、完治は早くなります。毎年毎年、今年を振り返ってということで、ネットワーク原稿を書いていますが、このことは12年言い続けているように思います。もっと会計事務所を有効に利用されてはいかがでしょうか?

 先ほど、12年と書きましたが、私が事務所にお世話になって、早くも12年が経ちました。成長のない担当者で、担当先の企業様にはたいへん申し訳ありません。今年は、TKCの上級職員研修(試験)にチャレンジさせていただきました。日頃、勉強をしていなかったことを自分自身、思い知らされた結果となりました。ただ、理念である「自利利他」を再認識できたことが、唯一の救いでした。来年は、関与先企業様の繁栄の一助となるように更に日々研鑽を積んでいこうと思います。本年は、本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

(2005/12/21・**退職者による記事**)