【事務所通信バックナンバー】

一年をふりかえって

 今年もお世話になりました。4月はカネボウの粉飾決算、国会議員の資格名義貸し、最近姉歯建築士の構造計算の不正など資格業の不詳事が多く在りました。

 私は改めて税理士の使命を考えました。使命感を思い、その使命を達成するため納税者の期待に応える事がどれほどすばらしく、又、人に感動を与える事ができ、自分を役立たせることの喜びに改めて気づきました。ひたむきに一生懸命に取り組むことが必要であるとこれらの事件を通して気づきました。

 私は税理士歴25年になり事務所も満ちています。満つれば欠けるという言葉があります。夜空の月が満月になれば後は欠けていくように、人の心も満ち足りた瞬間から萎えていくよう、自分のことしか考えられない人間程、プアーなことはなく、そこには責任や人に対する思いやり、優しさなど生まれるはずはない、そうなれば信頼が生じようがないのだと思います。そんな今自分の心を真摯に見つめ、お世話になった方々に心からありがとうと言いたいと思っています。

(2005/12/21・荻原秀樹)