【事務所通信バックナンバー】

この命を何のために使うか

 牧丘では巨峰の収穫が終わり、あたりの葡萄畑の葉が黄色になりました。

 私の世代はいわゆる団塊の世代で60才を前にして定年を迎える知人が多くいます。友人たちは定年になり、何をするか第二の就職はどうするかと話しています。この友人たちはこの命を何のために使うか、自分のやり遂げた仕事は何なのだろうと考える日々です。

 我々は自分という人間が確かにこの時代にいたのだろうという命の刻印を、それぞれの人生で刻む事ができるかと考えます。しかし残念ながら、そんなことは考えずに、ただ毎日与えられた仕事をこなすのに精いっぱいで時間がない、これが現状だと思います。この命を何のため使うかという命題を知っているだけでも、本当はずいぶん違うはずなのです。

 死というものを自覚しながら、死ぬまでの間に何をしようか、どういう生き方をし、どういう死に方をしようかということを考えていくところに、人間的に生きる基本があると思います。それがこの命を何のため使うかということだと思います。大人も子供も、みんながこの命を何のため使うかという意図を持った生き方を始めるなら、社会はどんなにかすばらしいものになると思う。役者さんが舞台の上で死んだら本望だという、そのような気持ちを自分の仕事に対して持てるか、あるいは持っているかです。

 与えられた仕事をただこなしているだけでは、使命の自覚をもった生き方はできません。その仕事の質を高め発展させることに積極的に貢献することことによって、自分らしい生き方や生きがいある価値ある人生と誇りが持てる人生になります。今自分がしている仕事において、積極的にその仕事の水準を一歩高めよう、進めていこうという意識を持っているかどうかです。

 義務と責任感で続けるだけでなく、仕事の質を高め、いろいろな面で発展させ、向上させ、進歩させるという意識で今の仕事に関われば、その仕事に生きがいや価値を感じるようになってくると思います。

 〈参考文献〉『意志の力・愛の実力 感性論哲学』芳村思風 コスモ教育出版/2002年

(2005/10/19・荻原秀樹)