【事務所通信バックナンバー】

職場の教養

 当事務所では、今年4月に「山梨県倫理法人会」の会員となりました(倫理法人会の詳細については、こちらをご覧下さい)。会員には、『職場の教養』という冊子が毎月配布されます。A5判の小さな冊子ですが、内容はとても充実しています。1日1ページで400字程度の話とその話にちなんだ「今日の心がけ」が書かれています。月半ばを過ぎると、この冊子が届けられるのですが、ついこの間のニュースが記事になっていることもあり、内容もとても新鮮で、しかも漢字には全てふりがなが振ってありますので、とても読みやすいものです。

 倫理法人会ではこの「職場の教養」を使って朝礼を実施することを奨励しています。当事務所でも朝礼の際に、まず各自の今日の予定を確認し、その後「職場の教養」を日替わりで順番に読み上げることにしています。その日の内容を噛み締めることはもちろんですが、私は自分が読むときには自分なりにこんな活用のしかたをしています。それは「間違えずに読む」ということです。話の内容は決して難しいものではありませんし、先ほども書きましたように漢字には全てふりがなが振ってあります。しかし、一言一句間違えず、つっかえずに読むのは意外と難しいものです。読み間違いが多いときは疲れていたり、集中力が落ちている時ですので要注意です。さらに読み上げている時の声も気にします。自分で読みながら、声の出具合・張り具合を確認するのです。声があまり出ていないときは、やはり要注意です。こんな時は、「今日は車の運転を注意しよう」といったようなごくごく基本的な所に立ち返って、自分自身に注意を喚起します。

 皆様の事業所では、朝礼を実施されていますか。始業時間になったら何となく業務に就くという感じで、朝礼を実施されていないところもあるかもしれません。やってもやらなくても変わらないとお考えなら、是非おやりになってみてください。朝礼といってもほんの数分のことですし、業務に支障もないでしょう。そのきっかけとして、今月から関与先の皆様には「職場の教養」を進呈します。これまでも監査の折などに配布させていただいておりましたが、配りきれずに何冊か余っておりました。折角の良い冊子ですから、より多くの皆様にご覧いただきたいということで、事務所通信と一緒に送らせていただくことにしました。冊数に限りがございますので、毎月はお届け出来ませんが、順次ローテーションして半年に2〜3冊くらいのペースでお届け出来ると思います。また山梨県倫理法人会では、希望の会社には1冊進呈しているようです(申し込みは山梨県倫理法人会のHPより)。

 皆様も「職場の教養」を使った朝礼で、一日のスタートを切ってみませんか。

(2005/09/21・相原愛紀)