【事務所通信バックナンバー】

雑感

 秋の月の美しい季節になりました。十三夜の空(本年は10/15)はいつもほとんど晴れて澄んだ美しい月が見られるのですが、十五夜の空は台風などの気象条件が障り、厚い雲が「まんまるお月さん」を隠してしまうことが多いので、今年の十五夜は特別な思いを込めて隈なき月を眺めました。

 暑い、暑いと思って過ごした季節ともお別れ、日も短くなってきて「灯火親しむ候」となりました。当事務所でも巡回監査担当者は様々な研修会に参加し、研鑽を積んでいます。日々たゆみない努力が関与先の方へのお返しになると頑張っています。

 みんな一日働いてその後の家での勉強ですから本当にたいへんだと思います。体調を崩さず頑張って欲しいと思っています。

 さて私は、監査担当者を見送りお留守番係。不勉強のたたる我が身ですが、なんとか家での読書だけは続けていこうと思っている次第です。休日に本棚を整理していると何かしら気になるような題名のものがあり思わず手にとって読み出すということになります。ほとんど夫が購入したものですが、それを読んでいると、人生苦しい中にも「何とか前へ前へ進もうとしてつかみ取ってきた軌跡」ともいうべきものを感じ、感動します。今日はまたそんな中からの一冊。

『孤独のチカラ』齋藤孝 PARCO出版 発行日2005年7月25日
 私は、できればエネルギーのある若い時期にこそ、ぐっとため込んでいく孤独を知ってほしいと思う。
 自分を徹底的に磨く。勝負をかける。その時期に、自ら進んで孤独になる。
(本文プロローグより引用)

 誰しもが、孤独という言葉に一抹の寂しさを抱くものですが、ここにあるように徹底して自分を磨くという意味での「孤独」の時、これはすばらしいものだと思いました。もう若くはありませんが、この精神を持ち続けたいと思いました。

 最後に月にちなんだ句をひとつ。

名月や 君かねてより 寝ぬ病  (太祇)

 孤独とあいまった、遠くの友を思う心の真に迫る名句だと感じました。

(2005/09/21・荻原幸子)