【事務所通信バックナンバー】

書きたかったこと

 暑い夏が過ぎ秋の気配がしますがまだまだ残暑が残ります。家から見える富士山は7月の梅雨開けから7月30日頃まで山の肌が見えて測候所の光と富士登山の列が見えるとても景色の良いところです。

 今月は私の担当は『税のコラム』ですが特にこのことを書きたかったことです。

 ある例として聞いたのですが、今の仕事が面白くなくどうしたらよいかという問題です。それはただ仕事をとおして自分の時間を金に換えているだけだから―。自分の今の人生、いまの人生の使命を知って生きようとしなかったからだと思います。そのつけがきているだけです。この時代この日本に生まれてなにをしていこうか、ただ生活維持の為に働き、時間を過ごし、人の為に何もせず人生を過ごして、充実した時を持てるはずがありません。組織の中に働くということは、ハタを楽にし合うことだと思います。相手がどうであれ、自分はきちんと生きることだと思うというようなことを話しました。

 ところで、税理士の使命は何かというと一般の企業は利潤の追求という私的な面、消費者の要求に応えるという社会的な面があります。

 税理士事務所においては、経営の目的を利潤の最大化にすることは矛盾することです。その公益性から見て目的は使命の達成にあるといえます。使命については税理士法にあり、使命を達成するためには、組織の永続性が求められ、それを可能とするものが利益であると思います。

 我々の使命は何か?我々の顧客は誰か!顧客は何に価値があると考えるか?我々の成長は何か?我々の計画は何か?と五つの視点からたえず私にとって考えていく必要があると思います。

(2005/09/21・荻原秀樹)