【事務所通信バックナンバー】

税理士事務所の特徴と企業経営

GE社を強い会社にした会長として有名なジャック・ウェルチ氏は「経営でもっとも重要な指標は何だと思いますか」という質問に対し、顧客満足度、社員満足度、そしてキャッシュフローの3つをあげています。

 顧客満足度が高ければ市場シェアも当然高くなり、社員満足度が高ければ、生産性は高くなる、社員の業績の真の尺度はキャッシュフローであって、純利益というのは会計用語にすぎません。キャッシュフローが事業の継続を可能にするのです。

 税理士法第一条は税理士の使命を次のように規定しています。

「税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする」
この税理士の使命のなかには、顧客の満足を高めるという経営の指標は、どこにも見あたりません。むしろ税理士は、顧客にあたる納税者から独立した立場で、公共的な使命をはたさなければならないと言う趣旨で、この条文はできあがっています。

 他方、経営の側面からいえば、さきほどとりあげた3つの経営の指標というのは、いまの税理士の規定のなかには、どこにも規定されていません。

 税理士事務所の経営においては、顧客満足を第一義とする経営の面と、公共的使命を第一義とする税理士資格の面との間で相違が生じます。結局は、顧客満足と公共的使命とのバランスをいかにとるかという、それぞれの税理士事務所のスタンスの問題に帰します。なぜなら、このいずれの面を無視しても、税理士事務所の存続はあり得ないからです。

〈参考文献〉
『強い会社』日経ビジネス編(日本経済新聞社/1994年)
『税理士事務所のリスク対策』鳥飼重和・本郷尚・実藤秀志(六法出版社/1996年)

(2005/07/19・荻原秀樹)