【事務所通信バックナンバー】

形あるものはいつか壊れる

 2003年12月号(No.115)の事務所通信に、一年を振替って、ということで「ものを大切に」というテーマで原稿を書きました。私の亡き祖父の教えとして、自分もそれを常に意識して実行しよう、と書いたのですが、先日反省させられる出来事が起こりました。

 関与先の皆様はご存じのように、監査担当者はいつもパソコンを携行して皆様のところに伺っています。今や業務にパソコンを使用することは当たり前になってきていますが、会計事務所とて例外ではなく、むしろパソコンに頼る所は他の業種より大きいと言って良いかもしれません。

 そのパソコン、私が普段使っているものがある朝突然起動しなくなってしまったのです。昨日までは普通に使っていたものが、次の日には使えなくなってしまっている―。皆様にはそういう経験はありますか。幸いにもデータのバックアップが取ってあり、保守サービスにも入っていたので、無料で且つ迅速にハードディスク交換をしてもらい、データも復旧して、どうにか事なきを得ました。そんな中ふと気になったことがありました。「そう言えば、このパソコンはいつ買ったものだろう。どれくらい経ったっけ」と。購入時に交わした保守契約書の日付を確認してみると、3年ちょっと前でした。パソコンの耐用年数は4年。その4年を待たずして、私のパソコンはハードディスクの交換という大修理を受けることになってしまいました。事務所の中で使うだけでなく、外にも持っていきますし、暑い日も寒い日も、時には自宅に持ち帰ったりと、ほぼ毎日のように使われて、確かに私のパソコンの使用条件は良くありません。それでも3年ちょっとで駄目になってしまった。実は、これ以前にも不調になったことがあり、そのときは基盤を交換しています。ハードに使っているから仕方ないか、とも思ったのですが、4年もたなかったという事に気付いて、思い直しました。データのバックアップをとったり、保守サービスに加入したりしたことは、良かったと思います。しかし「形あるものはいつか壊れる」という覚悟のもとに使用するのと、「壊れても仕方ない」という思いで使うのとでは、雲泥の差です。

 思い返してみると、ここ半年ほどは便利さを追求するあまり、パソコンに負担のかかるような使い方をしていたと思います。より良いものを求める姿勢は、成長の原動力だと思いますので、それ自体を否定することはできませんが、一方で今の日本の社会を見渡したときに、便利さや能率・経済性の追求が疑問に思われる出来事も多々起きています。もしもの時の備えがあるから、と現状を鵜呑みにせず、立ち止まって足下を見てみることも必要であるとの警告なのかもしれません。

 さて、私のパソコンはと言いますと、目下ソフトウェアをインストール中で、以前のような環境にするには、まだ色々な設定もしなければなりません。せっかくハードディスクが新しくなったのですから、これまで以上に有効活用したいと思います。ただし、これまでの使い方を見直して―。

(2005/06/20・相原愛紀)