【事務所通信バックナンバー】

給料を上げてもつぶれない経営を考える

 夏がきました。また、経営者にとって賞与の支給の季節になりました。給与をたくさん出せば出すほど、経営者は苦労しなければなりません。努力も勉強もしなければなりません。なぜならば、高賃金高能率を実現するためにはスタッフの能力を開発しなければならないからです。

 そのためには、経営者自らがものすごく苦労をし、勉強しなくてはならないわけです。逆にいえば、経営者が必死で苦労をし勉強をすれば、給料をたくさん出してもつぶれない企業になることがわかります。

 私の職場では、上級職員試験を受験するように励んでいます。私は医業経営コンサルタントの資格を取得するよう準備しています。まずは早起きをと思い朝の5時に目を覚まして、体調を整え勉強しています。

 これからの企業は規模が大きいことがすべてではないと思います。地域社会の中でどういう役割をしているかに存在価値があり、それがあるかないかで企業の大小が決まると思います。

 仕事は体全体でやらないといけません。野球でもサッカーでも足や腕だけでやるわけではなく、体全体でやります。やればできるということです。多くの人はできない理由をあげますが、できない理由を並べればできるはずのものもできません。そのためにはまず経営者自身が苦労をする必要があると思います。人間生まれて死ぬまでの間、ずっと苦労です。苦労を避けて通ったら何もすることなしに人生は終わってしまうと思います。

(2005/06/20・荻原秀樹)