【事務所通信バックナンバー】

雑感

 青葉の美しい季節になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。梅雨にはいるまでのひととき、このさわやかな大気の中で思いっきり深呼吸したい気持ちになります。

 先日薦められて読んだ本の中にとても感動的なことが書いてありましたので、今月はその部分をご紹介したいと思います。

 私がいう「清く正しい心」とは、ひと言でいえば「自分をたいせつにできる人」のことです。自分をたいせつにできる人は、他人もおなじくたいせつにする人なのです。それを私は「人間らしさ」と呼んでいます。
 (中略)
こういう話をすると、「では具体的に教えてください」 とかならず聞いてきます。そこで、私は心のもち方はつぎの三つですと話し、希望と勇気を両肩にかつぎ、世の荒波を乗り越えていくことです、といいます。その三つとは、

一、過去は過去。いやな思い出、悲しいこと、失敗などはもどることがないので、忘れてしまうこと。

二、未来は未来。未来は神の手のなかにあるのだから、くよくよしたり、心配はいっさいしないこと。

三、あるのは現在。この一瞬だけと思い、その瞬間を大事に生きること。

 著者は、「人間は逆境をどう乗りきるかというときに、その人のほんとうの心があらわれる」といいます。この複雑な世の中、難問はつねに降るようにわいてきます。解決の糸口もつかめずに悩みこんでしまうこともあると思います。過去に、そして未来にとらわれ前に進む力さえも失ってしまうことがあります。そんなとき、「あるのは現在。この一瞬だけと思い、その瞬間を大事に生きること。」という考え方に勇気づけられます。一瞬という点の連続が形作っていく未来、それは自分が全力投球した結果。もし、それが思うようなものでなくてもまた、その瞬間、瞬間を大事に生きる。

 連休明けで仕事の悩みなどによる不幸な事件も報道されていますが、ひとりひとりが、自分を大切にし、そして他人も大切にできるように、あまり悩みを抱え込まずに初心から歩む一歩。「この瞬間を大事に生きる」こと。まず私自身が心がけていきたいと思いました。

〈引用〉 『心美しい女の子のしつけ』 浜尾 実 1992年4月発行 講談社

(2005/05/18・荻原幸子)