【事務所通信バックナンバー】

経理のポイント−自動車リサイクル料金−

 本年より「使用済自動車の再資源化等に関する法律」(自動車リサイクル法)が施行されました。それに伴い自動車の購入時あるいは車検の際には、リサイクル料金を支払うことになります。この自動車リサイクル料金、経理処理上は少々面倒な取扱いをしなければならないようです。リサイクル料金と一口に言っても、その中身は、(a)シュレッダーダスト料金、(b)エアバッグ類料金、(c)フロン類料金、(d)情報管理料金、(e)資金管理料金の5つの料金から構成されています。リサイクル料金は、新車購入時や継続検査・中古車新規登録検査時(いわゆる車検)などに支払いますが、問題はその経理処理方法です。以下、簡単にまとめてみます。

・(a)〜(d)…実際にその自動車が処分されるときまで、「資金管理法人」(財団法人自動車リサイクル促進センター)に「預託」つまり預けているお金として、「投資その他の資産」に分類されますので、勘定科目名を「リサイクル預託金」などとして資産計上することになります。消費税は、料金の支払時には「預けている」だけなので、不課税取引となります。

・(e)…支払われた後に「資金管理法人」(財団法人自動車リサイクル促進センター)によって使われ始めるため、支払時に損金(費用)計上することができます。消費税も「課税仕入れ」として処理できます。

 (e)は、支払時に経費として処理できますので、それほど問題はありませんが、(a)〜(d)は、貸借対照表上に表示され続けることになります。貸借対照表上から消すことができるのは、その自動車を廃車するか、売却するときです。

・廃車にしたとき…この時点で「雑費/預託金」などと振替伝票を計上して、損金(費用)計上します。消費税もここで課税仕入れに計上します。

・売却したとき…「現預金/預託金」などと処理します。金銭債権を譲渡したものと考えられるので、消費税は非課税となります。

 以上が自動車リサイクル料金の経理処理の概要ですが、ご理解いただけたでしょうか。今回この記事を書いたのは、関与先様から自動車購入時の仕訳についてご質問いただいたことがきっかけでした。以前までの注文書にはなかった「リサイクル料金」の項目に目が止まり、気になって調べてみたら上記のような内容になっていたというわけです。注文書や請求書に内訳が書かれていれば、上記のような処理をすれば済むのですが、個人から購入した場合などは、料金の確認がちょっと厄介です。自動車販売業者から購入したとしても、果たして全ての業者がリサイクル料金を請求書などで表示してくれるのかも気にかかるところです。リサイクル料金支払済の車輌には(紛失していなければ)「リサイクル券」なるものが付いてくるそうですし、この券は税務会計上の証憑書類にもなるようですので、大丈夫だとは思いますが…便利な世の中になっていく一方で、物事はいよいよ複雑化していきます。しかしそれを嫌うだけでは済まされなくなっていることも事実です。忙しい業務の中、ほんの少しそんなことにも思いを馳せてみる必要があるのかもしれません。

(2005/04/21・相原愛紀)
〈参考URL〉
■財団法人自動車リサイクルセンター
■自動車リサイクルシステムHPよくあるご質問(会計・税務関連)