【事務所通信バックナンバー】

原油価格高騰

 昨年の4月に消費税の総額表示が義務付けられ、このネットワークにもガソリン価格表示が税込となり、高くなった感覚になったと書いた思い出があります。ここ最近は原油価格そのものが高騰をし、120円台という、以前では考えられないくらいの金額に跳ね上がってしまいました。

 今回の高騰は投機的な意味合いを持ち、一時的ではないかとの予測は出てはいますが、地下資源というものは、いずれは枯渇するものです。私が小学生のころに教わったことといえば、省エネルギー。大人になった頃には、石油に変わるエネルギーが主に使われていることでしょうなどと教わったものです。現状は、石油に頼らざるを得ないところが正直なところと思われます。身の回りを見回しても石油製品ばかりではないでしょうか?このまま、石油価格が高い位置で推移すれば、今すぐ、景気に悪影響と言うことは無いでしょうが、ボディーブローのように徐々に体力を奪って行きかねない問題だと思います。ガソリン価格は目に見えて高くなっていますが、食品のパック一つを取っても石油製品です。現在は、企業努力により、消費価格転嫁はされていませんが、企業努力にも限界はあります。価格転嫁もされてくるのではないでしょうか?仕入れコストのアップ、輸送費のアップなどもあります。消費がまた落ち込む可能性もあります。また、企業努力とはどのようなことをするのでしょうか?いろいろなことの合理化・効率化・見直し等々が進むでしょう。最悪、リストラなどという悪循環を生 むことも実施されるかも知れません。そのようなことになりますとデフレスパイラルと同じ現象で、景気の後退・衰退は避けて通れないことなのかも知れません。

 「企業努力」どの会社にも今、必要とされている事項です。山梨県のある企業では、使用後の食用油などの廃油を精製加工し、軽油の変わりをする燃料を開発したとニュースで取り上げられていました。そのような代替燃料を導入する。無駄を省く。自然エネルギーを活用できるシステムを導入するなど、企業にとっては、まだまだやるべき努力は残っていると思います。これを機会に今一度、会社の省エネルギーというものを考えてみてはいかがでしょうか?

(2005/04/21・**退職者による記事**)