【事務所通信バックナンバー】

新入社員を迎えるにあたって

 今年の四月も多くの企業に新入社員が入社しました。企業の経営者は、本当の意味の教育者になる必要があると思います。というのは大学をでてきた二十二歳前後の学生に対して、従来のように企業の論理でものを言っても彼らには伝わらないからです。大学時代の立場と基本的に違うことを理解していないのです。

 それにしても学生もプロの先生と接する時間が少なくなりました。プロというより献身ということだと思うのです。献身する人が減ったのは、人間がぜいたくになったのと、横暴になったからなのです。

 献身というと何か宗教的なことのように言われるかもしれませんが、そうではなくて、ただ、自分が無になる、あるいはすべてを捧げるということです。

 そうです。『米を植えるのに一年の計あり。木を植えるのに十年の計あり。人を植えるのに百年の計あり』と言います。人を作ることができれば百年の時世がうまくいくということです。『人を作る』ことをおろそかにすると会社も一般市民の生活もおかしなことが起こるのです。すべてをお金に任せきると不幸だと思います。誰でも理想や志は持ちつづけるべきではないかと思います。

(2005/04/21・荻原秀樹)