【事務所通信バックナンバー】

確定申告を終えて

さまざまの事思ひ出す桜かな――芭蕉

 今年も確定申告のご協力ありがとうございました。我々の会計事務所にもやっと春がきました。

 税理士は税理士法一条に書かれているように「憲法」に保障された納税の義務を完遂するための職業として生まれたものです。クライアントから独立し、国税局からも独立して、自分の目で適正な申告納税をやるということは、経理についてきわめて忠実な判断ができる資格だと思います。

 最近、日税連で銀行と提携して税理士の作成したチェックリストのついたものについては融資を優遇しようという制度を開始しました。地方銀行のいくつかは、チェックリストを添付したものについては融資利子率を下げるなど一般より優遇するという方向へ向きだしている。

 今までのような右肩上がりで量によって解決してきた時代ではないということです。質の時代です。そういう点で一回ごとの取引、少なくとも月次審査によって、税理士がフォローすることが必要な時代に入ってきました。 会計事務所が丼勘定の最後の帳簿付けだけやっていたのでは意味がない、具体的に個別アドバイザーになって、銀行員の代わりに税理士が判断を行わざるを得なくなるはずです。

 いずれにせよ、税理士が実態を見ているような上場していない、いわゆるオーナー型企業に関して、最良の役割を果たしているとおもいます。

(2005/03/22・荻原秀樹)