【事務所通信バックナンバー】

【シリーズ】会計のはなし…   [第1回]  [第2回]  [第3回]  [第4回]  [第6回]  [第7回

会計のはなし―第5回(会計と時間)

 前回のお話は、いわば今回の導入部でした(詳しくは、先月号No.129をご覧下さい)。今回は、「会計と時間」の関係について更に深く掘り下げます。

 さて今回は、「発生主義」という言葉を覚えて下さい。前回でも書いたように取引というものは、一瞬で終わるわけではありません。例えば、商品を掛けで仕入れて、その代金を翌月に支払い、その商品の売上は3ヶ月先の期日の手形で受け取った、というように、取引が完結するまでは随分時間がかかることもあります。実際にお金が動く、つまり支払や売上代金の回収を済ませるまでの時間は、取引によってまちまちです。先ほどの例のように、3ヶ月先に手形が決済されてようやく現金化されるような場合もあるでしょうし、逆に納品前に前金をいただけるような場合もあります。仕入にしても同様で、現金支払で仕入れる場合もあれば、翌月20日に支払う場合もあるでしょう。ここで問題となるのは、お金をもらう、または支払うという取引が完了した状態になるまでに、それぞれの取引で完了までの時間がまちまちであることです。

 具体例でお話ししましょう。3月20日に100万円の仕入をしたとします。当日に現金で払う場合と掛け仕入で翌月20日に支払をする場合です。同じように100万円の商品を仕入れているのに、その代金を支払う日が1ヶ月も違うわけです。一方は3/20に仕入100万円と記帳し、もう一方は4/20に仕入100万円と記帳する。こういう記帳のしかたを「現金主義」と言います。現金が動いたことをもって記帳する方法です。しかし、同じように商品を仕入れているのに、記帳するタイミングが1ヶ月もずれてしまって良いものでしょうか。支払日が違うのだからしかたがない、とお考えになるかもしれませんが、それを解消するのが「発生主義」という記帳方法なのです。現金の動きに関係なく、取引の発生をもって記帳する方法です。どちらの方法で記帳しようと、最後には100万円支払うのだから同じじゃないか、と思われるかもしれませんが、そんな事はありません。実際、法人でも個人事業者でも、通常は1年という時間で事業年度が区切られているからです。上記のケースが、3月決算法人のものだったらどうでしょうか。3/20に記帳するか4/20に記帳するかで、利益の金額が100万円違ってきてしまうことになります。言ってみれば、お金が動いたときに記帳する現金主義での記帳では基準がないようなものなのです。発生主義での記帳は、現金で仕入れようと、掛けで仕入れようと、手形で払おうと、あるいは既に前払金が支払ってあろうと、3/20に100万円の商品が納品されたのならば、「3/20に100万円の仕入」と記帳することになります。この方法であれば、支払のタイミングがいつになろうと、同じように利益の計算ができます。同じ基準で利益計算ができるという所が重要で、そうでなければ、株主に利益を配当したり、税金を納めたり、ということが公平にできなくなってしまいます。

 次回もこの「発生主義」についてもう少し詳しくお話しします。

(2005/03/22・相原愛紀)

<<シリーズ前回の記事  シリーズ次回の記事>>