【事務所通信バックナンバー】

【シリーズ】会計のはなし…   [第1回]  [第2回]  [第3回]  [第5回]  [第6回]  [第7回

会計のはなし―第4回(利益とお金)

 前回から随分と間が空いてしまいました。前回の「会計のはなし」は、No.125(2004年10月号)に載っていますので、復習がてら見直してみてください。簡単におさらいしますと、

「いくら儲けたか」ということと、「手元にいくらお金があるか」は同じことではない
「いくら儲けたか」は損益計算書で、「手元にいくらお金があるか」は貸借対照表で表す といったことをお話ししました。

 しかし、儲けたはずの利益がお金として手元にないというのはおかしな話です。300万円で仕入れて500万円で売れば、利益200万円が手元に残らなければなりません。利益200万が手元に現金として残るということは、仕入代金300万を全て支払い、売上代金500万を全て回収するということです。つまり利益200万円が手元に現金として200万円残るというのは、全ての支払と集金を終えて最終的にはそうなるという事なのです。しかし実際の取引で、仕入れたその日に300万円支払って、さらに同じ日にその商品を売って代金500万円も回収した、などということはまずありません。大抵は一つの取引で、数日から数ヶ月、場合によっては年をまたぐということもあります。複数の商品や材料を仕入れて、複数の顧客に売るわけですから、事はいよいよ複雑です。

 ここで考慮しなければいけないのは「時間」です。実は会計の世界では、時間も大切な要素です。売上−仕入=利益という計算には時間は関係ありませんが、実際の取引ではお金をもらったり払ったりしなければ意味がないわけです。お金が動くには時間がかかります。取引の過程では掛けで仕入れたり、売上を手形で回収したりと必ずしも現金が動かない取引も多いものです。最終的にはお金が動いて取引が完了するわけですが、そこまでの間に時間が空いてしまうために、売上−仕入=利益という計算上で儲けが出ていても、今手元にあるお金がその儲けと一致しない、ということになるのです。

 「利益=お金」という考え方が間違っているわけではありません。前段でもお話ししましたように、ある取引について全てのお金のやりとりが完了すれば、当然儲けた分のお金は手元に残るのです。しかし単純に利益とお金をイコールで結べるわけではなく、「時間」を考慮しなければならないということなのです。

 次回は会計と時間について更に詳しくお話ししたいと思います。

(2005/02/22・相原愛紀)

<<シリーズ前回の記事  シリーズ次回の記事>>