【事務所通信バックナンバー】

今年を表す一文字

 年末になるといつも、一文字の漢字が選ばれ、清水寺での書き納め(?)とともに発表になる「今年の漢字」。今年は「災」という字が選ばれたようです。ちなみに過去9年を振り返ってみますと、1995年「震」、1996年「食」、1997年「倒」、1998年「毒」、1999年「末」、2000年「金」、2001年「戦」、2002年「帰」、2003年「虎」となっています。財団法人日本漢字能力検定協会が主催しているイベントのようで、協会のホームページには、各年の漢字の選定理由なども載っています。興味を持たれた方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

 さて、皆様の2004年は漢字一文字で表すとどんな字になるでしょうか。私はこの一年を振り返って「変」という字を選びたいと思います。今年は電子申告が開始されました。残念ながら私の担当先では、電子申告を実施できなかったのですが、当事務所の電子申告第1号であるお客様の申告に立ち会わせていただきました。これまでのように書類を書き、印刷し、それを束ねて税務署へ提出するという作業が、事務所の一室でパソコンに向かいマウスをクリックするだけで終わってしまうのは、普段パソコンを使ってデータ伝送を繰り返している我々にとっても、何とも不思議な気分にさせられるものでした。まだ一部の書類については、紙で提出をしなければならないものもありますし、事務レベルでの細かい部分で問題も残ってはいますが、それにしてもあの紙の束がなくなって、それがデータという形でサーバーやCD−Rに記録されて保管されるというのは、これまでのやり方がまさに一変したわけで、これまでと違う何かを感じずにはいられません。

 もう一つ事務所として取り組んだのは、セミナーや研修会の開催です。FX2フォローアップ研修会2回、経営革新セミナー1回、年末調整セミナー1回、計4回の開催となりました。年間に4回というのは例年になく多い数字で、おそらく過去最多ではないかと思います。セミナーや研修会を開催するとなると、様々な準備に時間が割かれます。会場や機材の準備、資料作成、リハーサルなど、決して我々にとって楽なものではありません。それでも皆様に少しでも会計事務所の姿勢を知っていただき、経営に役立つ情報をお伝えできるよう、回数もできるだけ多く、テーマも様々に開催しました。まだ要領を得ないため、皆様にうまくお伝えできていないことも多く、それだけに反省点も沢山出てきたのですが、TKC全国会が掲げる「経営革新」というテーマの元、我々会計事務所も「何かを変えよう」という姿勢をお見せできるよう取り組んできたつもりでおります。

 とは言え、我々はまだ変化の途上にいます。今年は変化の入り口に立ち、ドアを開けた程度なのかもしれません。しかし、そうした小さな変化を馬鹿にせず、積み重ねていくことによっていずれは大きな革新に繋げていきたいと思っています。「変」という文字を今年だけのものにせず、来年以降も重要なテーマとして心に刻みたいと思います。

(2004/12/22・相原愛紀)