【事務所通信バックナンバー】

一年を振り返って

 昨年はイラク問題などで暗い一年でしたと振り返ってから早くも1年が経ちました。今年はというと昨年から続いて、イラクでの民間人拉致や殺害、地震や台風、猛暑など自然災害が多く、振り返るとやはり暗い厳しい1年ではなかったかと思います。

 一方、日本経済は大企業を中心にV字回復を達成している企業もあれば、ダイエーのように企業再生を実施するような大企業もあります。大企業においても二極化がますます進んでいます。良いところはより良くなり、悪いところはより悪くなっているということではないでしょうか。明るい兆しといえば、金融機関の状況が良化していることでしょう。 私たち、中小企業においては、未だ先の見えない経済環境の中で、各社とも経営努力を続けているところですが、大企業と同じで二極化が進んでいると思います。良い会社、良くない会社がはっきりとしてきているのが現状ではないでしょうか。どこに違いがあるのか。それはやはり自社の現状をきちんと分析でき、対応をされておられているか否かだと思います。つまり、経営改善、経営革新が実行されているかどうかです。今年、当事務所で開催いたしました、経営革新セミナー内でもお話ししましたが、景気が良くなるまで何とかしようという考えではなく、現状に合わせて、自社も変革をしていかなければならないと思います。そのためにも毎月の月次巡回監査をきちんと受けられ、自社の現状をきちんと把握をし、今後の対策に活用することが重要です。また、現状を改善することでの将来の自社の姿を予算数値して、結果を持って、更に改善していくことが企業の繁栄につながると思います。また、数値管理をするためにも自計化いうものも不可欠なこととなると思います。

 会計事務所では、関与先様の繁栄のため、経営数値解説や予算の作成、自計化のお手伝いを積極的にさせて頂いております。どちらの関与先様にも事業を立ち上げられた時にはこのような会社にしていきたいという目標があったかと思います。目標を再度思い出して頂き、目標達成のため、更なる企業発展のため、会計事務所の活用をしてみてください。私自身も日々努力し、関与先様のために一つでも多く助言できるよう頑張ります。来年もよろしくお願いいたします。

(2004/12/22・**退職者による記事**)