【事務所通信バックナンバー】

自計化について

 先日、TKC主催の研修会に参加してきました。関与先企業様の自計化についての研修もあり、関与先様の参考になる事項もありましたので、紹介させていただきます。

 最近、造語として、「自経化」が使われ始めたそうです。「自経化」とは関与先企業にFX2を導入したが、「経理業務の合理化」をしただけにとどまっている状態のことだそうです。本当の「自計化」は経理業務の合理化を更にサポートし、関与先企業の経営者が「自社の業績管理」をしっかりとできる状態のことだそうです。私自身、自計化の入り口というものは経理業務の合理化からでした。数多くの関与先企業の自計化をサポートさせていただきましたが、「自計化」されている関与先は数が少ないのが現状です。戦略経営者メニューの社長専用ボタンが経営者が自らの会社の最新業績を確認できるところです。こちらのボタンを経営者の方々が自ら押して、最新業績の確認ができる状態に全関与先がなれるように今後も強力に自計化の推進とサポートを続けていきたいと思っています。そのような状態になるためにも経理業務の合理化は必要不可欠となりますので、ご協力をお願いいたします。

 自計化ソフトとしては、財務のFX2、給与計算のPX2、請求書発行や在庫管理、販売管理のSX2をそろえて提供させていただいております。また、固定資産管理のA−FILE、建設業専門のDAIC2もございます。それぞれのソフトの特徴等については、今までも何回か紹介をさせていただいておりますが、業績管理には欠かせない充実したソフトとなっております。

 先日のセミナーの時にもお話ししましたが、中小企業が元氣にならなくては日本は良くはなりません。元氣になるということは赤字体質から脱出し、黒字計上をし、繁栄していくことです。黒字にするということは最新業積をいつも把握し、経営課題を見つけ、スピーディーに対応することが必要になります。そのためにも「自計化」というものが重要となります。是非この機会に「自計化」されていない関与先様はご検討をいただき、「自経化」されている関与先様は本当の「自計化」ができるように環境の整備をお願いいたします。

(2004/11/18・**退職者による記事**)