【事務所通信バックナンバー】

消費税等の「等」って?

 今回は「会計の話」は一旦休ませていただきまして、消費税の話をさせていただきたいと思います。

 私は移動時間中に車の中でラジオを聴いていることが多いのですが、ある番組でパーソナリティーが、何かの商品のパッケージに書かれている価格表示を見てこう言っていました。「そう言えば、『消費税等』って書いてあるけど、『等』って何だろうね。『等』って言うからには消費税だけじゃないってこと?」

 みなさんは消費税等の「等」の意味をご存じですか。平成元年に消費税が導入されたときには、消費税は、単に「消費税」でした。ではいつから「消費税等」になったのでしょうか。平成9年4月に消費税率がそれまでの3%から5%に変わりました。この時から「消費税」は「消費税等」に改まったのです。当時、事務所からも改正消費税のご案内をさせていただきましたが、覚えていらっしゃいますでしょうか。請求書や領収書、値札などの表示を「消費税等」に改めてください、とご案内させていただきました。税率3%の時は、消費税は国税として納めるものでした。平成9年4月の改正時に税率が5%に改められたわけですが、単に税率が上がっただけではありません。この時から消費税は、「消費税及び地方消費税」に改まり、現在に至っています。税目が2つになって長い名前になったので、略して「消費税等」と呼ぶ(あるいは記載する)ことになったのです。税率も一口に5%と言っていますが、実は国税としての消費税率は4%、地方消費税は消費税(国税としての)に対して25%と法律で決められています。"4"の25%は"1"ですので、現在の税率は「消費税4%+地方消費税1%=5%」ということになります。申告書をご覧いただくと分かりますが、一括で5%を計算するのではなく、一旦国税の分の4%を計算して、その税額に対する25%の地方税を計算するというように、別々に計算するようになっています。

 というわけで、消費税等の「等」とは、「地方消費税」のことを言っているのです。今でもたまに領収書などで単に「消費税」と表示しているものを見かけることがあります。3%の時代に沢山作ってしまったのをいまだに使い続けているのか、「消費税等」と表示しなければいけないのを知らないのか、そこはよく分かりませんが、いずれにしても正確な表示ではありません。賢明な社長様や経理担当者様なら、このくらいの話は何を今更と思われるかもしれませんが、ラジオのパーソナリティーが疑問を抱いたように、普段から税に触れる機会がない方は、ここまで詳しくはご存知ないでしょう。

 最近は税理士が学校などに出向いて、子供達向けの「租税教室」を開く、という動きも出てきています。正しい税の知識と積極的な納税姿勢を根付かせるため、今後もこの紙面で折に触れて「税」の話をしていきたいと思います。

(2004/11/18・相原愛紀)