【事務所通信バックナンバー】

読書コーナー『粗食のすすめ』

 今年度の本の紹介も最後になりました。次は何を選ぼうかと毎日考えていましたが、連日ご多忙を極めていらっしゃる皆様のご健康をお祈りして、この本を選んでみました。

『 粗食のすすめ 』 幕内秀夫 新潮OH!文庫 2000年10月10日発行

 これを読んでくださっている女性の皆さん毎日食事の支度、本当にお疲れさまです。でも今の世の中ですから、女性だけが食事作りを、などと書き始めていたら、とても時代錯誤なことになってしまいますよね。

 初夏のとある朝、3キロの道のりを歩いて「この本を読んでください」といって本を届けてくれた人がいました。その本は長寿村、山梨県北都留郡上野原町棡原のことについて書いた甲府の古守病院院長、古守豊輔さん執筆のものでした。六百ページ以上もあり毎晩せっせと読み、とても感動し、その後縁あって講演も聞くことができました。長年長寿村と呼ばれ続けていた棡原にも近代化の波が押し寄せ、「食生活」の変化により「粗食」を続けてきた高齢者は元気に暮らしているのに、「豊かな食生活」をしている若い人が生活習慣病で急死してしまうなどといった逆さ現象がおき、悲しみにくれているというところから、私たちはどんな教訓を得なくてはならないかという内容でした。

 その本との出会いから5年経過。今回ご紹介するこの本のオープニングはこの「長寿村の秘密は粗食だった」ではじまっていて当時のことを思い出しながら読みました。著者の幕内秀夫さんは1953年生まれの管理栄養士。伝統食と民間食療法が専門。病院で栄養指導を続けるかたわら執筆活動を行っている、ということですが、日本人にとってふさわしくない戦後の欧米型の栄養学を見直し、『欧米の食生活が理想という、無意識のうちに信じている「錯覚」から抜け出して、日本の伝統的な食生活を見直す時期だと思う。』と述べています。間違いだらけの食事常識と題しての例話や、粗食度テスト(1)〜(8)、『食生活の改善でどんどん健康になった』などの実際の取り組み例など、具体的でたいへん勉強になります。実際に台所を預かる主婦としてむずかしさや煩雑なところがないので長く実践できそうに思います。さてこの食生活改善の主役は何でしょうか。もし興味をもたれた方にはお貸ししますのでどうぞご連絡ください。

 慌しい日々ですが毎日の食事を楽しく、そして有意義なものにするよう頑張っていきたいと自責の念も込めこの本をご紹介いたします。

(2004/10/19・荻原幸子)