【事務所通信バックナンバー】

【シリーズ】会計のはなし…   [第1回]  [第2回]  [第4回]  [第5回]  [第6回]  [第7回

会計のはなし―第3回(損益計算書と貸借対照表―その2)

 前回までの話は理解していただけたでしょうか。第1回と第2回を大きくまとめると、「2つの要素で記帳した取引記録をもとに、2つの表が作られる」ということになります。そして、わざわざ2つの要素で記帳したり2つの表を作るのは、不正や間違いの防止のためである、とお話ししました。ここまでの話ですとまだ漠然としていて、分かったような分からないような話かもしれません。今回は、損益計算書と貸借対照表の関係をもう少し掘り下げ、特に皆様が疑問に思われる所についてお話ししていきたいと思います。

 会計事務所が業績を説明させていただくときに、「利益が○○円出ています」というふうにお話しすることがあります。この説明が曲者で、会計事務所としてもお客様に分かり易く説明するのに難儀することがあります。よくあるのは、「利益が300万円出ているのに預金には100万円しかない」というようなケースです。お金がなくて支払に四苦八苦しているのに、利益が出ていると言われれば、誰でも納得がいかないのは当然です。一般的には、「利益」=「儲け」=「手元に残った現金や預金」、という感覚があるからでしょう。それ自体は間違いではありませんが、会計の世界では別の捉え方をするのです。このギャップがあるために、お金がないのに利益が出ているという説明をしなければならなくなってしまうのです。前回でもお話ししたように、300万円で仕入れて500万円で売り上げれば、200万の利益が出るという計算が「損益計算書」の計算です。しかし、実際の取引というものはそんなにシンプルなものではありません。「売上500万−仕入300万=利益200万」という計算の他に考えなければならないことがあるはずです。そうです。お金のやりくりをどうするかということです。「利益200万」という計算は頭の中だけでできますが、実際にお金を動かして取引をしないことには、お金は手元に残りません。どうやって、いつ支払うのか、あるいはもらえるのかのやりくり=「資金繰り」ができてこそ商売は成り立ちます。実は、この「資金繰り」の部分が「貸借対照表」にあたるのです。しかし計算上200万円の利益が出ることは分かっていても、すぐにそのお金が手元に現れないのが実際の取引というものです。仕入代金は翌月20日に払わなければならないが、売上は期日が3ヶ月先の手形で回収、ということもあるでしょう。逆に、手付金や前受金を先にもらうことができれば、手元資金に余裕が生まれることもあります。

 いわゆる「利益」というのは、「今手元にいくら現金があるか」ということとは少し違うのです。もちろん、上の例でいけばいずれ200万円の現金が手元に残ることになります。しかし、あくまでも「いずれ」なのです。仕入代金を払い終わって、売上が入金して、という取引の一連の過程が全て終わって初めて「利益200万円」が、手元の「現金200万円」になるわけです。つまり損益計算書で表す「売上500万−仕入300万=利益200万」の「利益」とは、全ての取引が計算通り完了したら200万円の利益があがるよ、とうことを表しているのであって、今手元に自由に使えるお金が200万円ある、ということではないのです。

 今回はちょっと分かりにくかったでしょうか。では今回のまとめです。会計の世界では、利益とお金は必ずしもイコールにはなりません。利益があるからと言って、お金が余っている訳ではないし、お金が余っているからと言って、利益があるわけではないのです。次回はこの利益とお金の関係について掘り下げていきたいと思います。

(2004/10/19・相原愛紀)

<<シリーズ前回の記事  シリーズ次回の記事>>