【事務所通信バックナンバー】

「TKC経営革新セミナー2004」

 日頃より税務会計に対する深いご理解とご協力を賜りありがとうございます。

 いよいよ私どもの事務所開催の『TKC経営革新セミナー2004』も数日後に迫りました。この企画はTKC全国会が、日本経済の活力の源泉である中小企業の成長・発展を支援するため「経営革新への取り組みが、優良企業への道を拓く!」と題し、全国1500ヵ所で開催するというスケールの大きいものです。この度、このセミナーは経済産業省推進事業の『IT経営応援隊』事業として第1号の承認を受けました。これは中小企業の経営革新を支援し、もって我が国産業の活性化を促進するために経済産業省が立ち上げたプロジェクトです。

 当日はテーマに沿って経営者が取り組むべき六つの仕事を明確にするとともに、経営戦略を具体的な経営計画に落とし込み、それを計画倒れに終わらせないための「業績管理」を確実に実践していく方法、またコンピュータによる自計化がもたらす経営改善事例などをお話しさせていただきます。山梨県内でもいくつかの事務所が開催を予定しておりますが、皆さま方にこのセミナーにご参加いただき、経営に役立てていただくとともに、私どものセミナーに対するご指導ご鞭撻を賜りたいと思う次第です。

 セミナー開催を目前として私どもの事務所では着々と準備を進めております。前回の反省点でありました時間配分なども考え、事前のリハーサル、資料準備などに取り組んでおります。「TKC経営革新セミナー」(全国で開催)参加者の声から拾いますと

  • 今までの経営の延長、繰り返しではダメなんだという気づきがあった。(山梨県)
  • TKCのセミナーに出席するといつも元気が湧いてくる。(愛知県)
  • 経営計画策定の必要性を痛感した。(埼玉県)
  • 業績管理体制の構築の重要性・必要性を感じた。(愛知県)
  • 今後の自社の行動にひとつの指針ができた感じです。(愛知県)
  • とても良かった、こんなセミナーを期待していた、実践が大切。(富山県)
  • 月次決算の重要性が分かった。(埼玉県)

などがあげられます。ご多用中とは存じますが是非ともこのセミナーにご参加いただき経営革新の取り組みを展開してくださいますよう、お願いいたします。

(2004/10/19・荻原秀樹)