【事務所通信バックナンバー】

「経営革新セミナー2004」開催に向けて

 既にご案内の通り(今回も同封させていただきました)2004年10月22日(金)に標記のセミナーを開催する運びとなりました。2001年の8月3日にやはり同じ山梨市民会館の4階「笛吹の間」で『戦略経営者セミナー2001』を開催しましたので、あれから三年の歳月が流れたことになります。

 当時は『いま、問われる企業の舵取りとは!』という標題で金融機関の方やTKCの方にお話をいただきました。折りしも21世紀を迎えて半年経過、依然として景気は回復せず、企業経営は大変厳しい局面に追い込まれていた時で、皆様にご好評をいただきました。

 今回のセミナーでは、企業を取り巻く環境がめまぐるしく変化するなかで『経営革新への取り組みが、優良企業への道を拓く!』と題し、具体例などを交えてお話させていただきたいと思っています。ご多用中とは存じますが、皆様のご参加をお願いいたします。

 先日、ある催しものに参加し、そのプログラムをみて、建物の配置図、タイムテーブルなどコンパクトに両面印刷されていて、これを作成した方のご苦労がしのばれる、と思いました。しかし、提供する側とそれを受ける側の違い、そこには深い川のようなものが流れていて、もっとここがこうであればという点がたくさん見つかってきます。実社会では、この気づきをプログラム提供側が吸い上げる道筋をもっているかどうかで、その企業が発展するかどうかが分かれていくと思います。しかし、この深い川を越えるのが至難の業で、そこを越してまで意見をいっていただけるということはよっぽどの良い関係でなくては望めないことでしょう。私たちは前回のセミナーで自分たちで多くの反省点を持ち今回に活かそうと努力しています。大切な皆様の時間をいただいてのセミナー開催となりますので、「今日のセミナーを聞いて本当によかった」と思っていただけるようにと毎日準備を重ねています。また一方で皆様方からご意見ご要望などをお伺いできればこんなに嬉しいことはありません。どうぞこの深い川の流れを越えてご意見をいただけますようお願いいたします。

(2004/09/21・荻原幸子)