【事務所通信バックナンバー】

【シリーズ】会計のはなし…   [第1回]  [第3回]  [第4回]  [第5回]  [第6回]  [第7回

会計のはなし―第2回(損益計算書と貸借対照表―その1)

 前回のテーマは、「単式簿記と複式簿記」でした。複式簿記は必ず2つの項目(要素)で記帳する。現金売上が10万円あったのに、手元の現金を数えてみたら1万円しかないということはあり得ない(=記帳が間違っているか不正があったことになる)ので、正確な記帳につながる、というお話でした。今回は、損益計算書(そんえきけいさんしょ)と貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)を取り上げます。「損益計算書」は、英語で「Profit and Loss statement」と言います。Profit(利益)とLoss(損失)の頭文字を取って、「P/L」(ピー・エル)と言うこともあります。「貸借対照表」は、英語で「Blance Sheet」と言います。同じく頭文字を取って、「B/S」(ビー・エス)と言うことがあります。

 それではまず損益計算書から説明していきましょう。これはその名の通り、損失と利益を計算するための書類です。商売をしたことがある人なら誰でも考えたことがある「売上がいくらで、そこから仕入代金と諸経費を差し引いて儲けはいくら」―これを表にまとめたのが損益計算書です。いわば、どれだけ儲かったか(あるいは損したか)を記した成績表のようなものです。前回で取り上げた単式簿記の家計簿やこづかい帳と同じようなものですので、特別に会計や簿記の知識がなくても、損益計算書がどういうものかは感覚的にお分かりになると思います。これに対し貸借対照表は、資本金がいくらあるか、銀行からいくら借りているか、預金がいくらあるか、土地や機械設備などの固定資産をいくら持っているかなど、営業活動によってお金をどう使ったかを表したものです。貸借対照表は、少し分かりにくいかもしれませんが、この後順を追って説明しますので、ここではまずそういう表があるということだけご理解下さい。

 損益計算書と貸借対照表は、別々に作られるものではありません。複式簿記は2つの要素で記帳すると説明しました。複式簿記の記帳の結果を元に、2つの表は同時に作成されます。では実際の取引の過程をたどって、2つの表がどのように作成されるのか見ていきましょう。まず会社を始めるにあたっては、まず資本金を用意しなければなりません。ここでは1千万円の資本金を用意したものとして話を進めます。複式簿記ですから2つの要素で記帳します。この場合は、「現金で」「資本金を」1千万円用意した、と記帳します。この段階ではまだ営業活動をしていません。したがって損得もありませんので、損益計算書は作ることができません。貸借対照表は以下のようになります。

┌────┬────┐
|現金  |資本金 | ※実際の表は、科目と数字が羅列してあるだけですが、
| 1000万| 1000万|  分かり易くするため図解しています。
└────┴────┘

 表の左と右のそれぞれの合計金額は必ず一致します。資本金を1千万用意したのに、手元のお金を数えたら900万円しかないなんて事はあり得ませんね。前回でお話ししたとおり、一致しないときは記帳や集計が間違っているのです。間違いに気付けば訂正することができます。これが2つの要素で記帳することの効果です。なお、表を作るときのルールとして資産(現預金、土地、機械設備など)は左に、負債(借入金、支払手形など)と資本(資本金、剰余金など)は右に書くことになっていますので、承知しておいて下さい。

 ではいよいよ営業活動を開始します。まず商品300万円を現金で仕入れました。そしてそれを500万円で売り上げ(売上は全額現金で入金)ました。500万−300万で200万円の儲けが出ました。今度は損益計算書も作れますので、まず損益計算書を作ってみましょう。

┌────┬────┐
|仕入  |売上  |
|  300万|  500万|(売上500万−仕入300万=利益200万)
├────┤    │
|利 200万|    |
└────┴────┘

 貸借対照表はどうなるでしょうか。現金の動きを追ってみましょう。仕入のために一旦300万円減りますが、売上が500万円入金になりましたので、200万円増えて、元々あった1千万円と合わせて1200万円になりました。

┌────┬────┐
|現金  |資本金 |
| 1200万| 1000万|(現金1200万−資本金1000万=利益200万)
│    ├────┤
|    |利 200万|
└────┴────┘

 上の損益計算書と下の貸借対照表、見比べてお気づきになることはありませんか。別々の表ですが、一ヶ所だけ同じ所があります。「利益200万円」の部分です。上記のように違う計算課程を経ていますが、同じ答え(=利益200万円)を求めるための表であるという共通点があるのです。上で2つの表は同時に作られると書きましたが、2つの表は別個に作られるのではなく、「利益」という共通項で関連づけられているのです。どちらかの表の利益が200万円で、もう一方の表の利益が100万円などという事はありません。同じ取引の記録を元に作成された2つの表の利益は必ず一致します。一致しないとすれば、記帳か集計が間違っているということになります。前回でお話ししたとおり、間違いや不正を気付かせてくれる仕組みになっているのです。損益計算書と貸借対照表、これらを2つまとめて「試算表」と呼ぶこともあります。この2つの表を作ることは、単に取引を集計するだけでなく、その取引記録間違っていないか「試算」することができるからです。

 今回は、図解も交えてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。今回のポイントは2つです。

 1.複式簿記での取引記録をもとに「損益計算書」と「貸借対照表」が作られる。
 2.損益計算書と貸借対照表は、「利益(又は損失)」という共通項目でつながっている。

 次回は、「利益とお金」についてお話しします。

(2004/09/21・相原愛紀)

<<シリーズ前回の記事  シリーズ次回の記事>>