【事務所通信バックナンバー】

読書コーナー『4分間の第九交響曲』

 昨年末にベートーヴェンの『第九交響曲』を聴き、改めてその歌詞や力強い旋律に感動した私は、この本を読んでみることにしました。 

『4分間の第九交響曲カザルスの果たされた夢』 石井清司著 NHK出版 1999年11月30日 第1刷発行

 1936年7月、スペインのバルセロナで、ナチスドイツ主義のベルリンオリンピックに対抗して、平和と民主主義を標榜した民衆によるオリンピックが企画され、各国から多くの選手団が市内に集まっていましたが、その開会式予定日前日、開会を祝して並行しておこなわれる「平和の祝典」で「第九交響曲」を演奏するそのリハーサルの最中にフランコ将軍が反乱をおこし、オリンピックは中止に。カザルスは、オーケストラのメンバーと合唱団全員に、リハーサル中止を伝えます。そしてみんなに向かい

 「もう二度とこの地に平和は訪れないかも知れない。しかし、その日の来ることを願って、今やろうとしていた第四楽章をここで全部演奏しきろう。われわれはもう二度と会えないかも知れないから」そしてその後もカザルスは、真に平和なオリンピック大会がスペインで開かれる時が来たら、その開会式であのとき中止されたベートーヴェンの「第九交響曲」をどうしても演奏したい、と言い続け、平和を希求する活動を展開していきました。1992年7月25日、その日から56年の歳月が。カザルスの夢は果たされるのでしょうか。

 著者の石井さんは、1936年生まれのノンフィクション作家で、「1945年に連合軍の空襲を東京で受け、火炎のなかを逃げまどい、国内を転々と逃れ歩き、まともに小学校に通うこともなかった。だからまた、逆にまっすぐな心とすっきりとした視点で世相を見据える、純真な心を持つことができたと考えている。瓦礫以外に、少年として拠って立つものはなにもなく、本当にゼロからの人生出発だった」と述べています。そしてそんな彼にとっては、「1936年を前後して、瓦礫と戦火、不条理と偏見の中で強い意思を貫いたひとりの音楽家、パブロ・カザルスは身近な人物に思え、ひとつの指針であり励ましであった」ということです。「勇気というものを教えられ、そして人間としての素朴な温かみというものを強く愛するようになった」とも書いています。 そんな石井さんの目で徹底的に史的事実を洗い、足でかつてのオーケストラゆかりの人を訪ねて構成されたこの著作は、まさにノンフィクションの極致です。

 1992年7月25日、バルセロナオリンピック開会式でその時にはもう亡き人となっていたカザルスの鋭く熱いメッセージを込め「第九交響曲」が会場に流れます。先日の山梨日日新聞「風林火山」を読んでいて、「近代五輪は何度となく戦争の嵐に見舞われ、東京で開催予定だった1940年大会を含め三度中止に」とあったことからこの本の存在を思い起こし、仕事からはずいぶん離れていて恐縮ですが、本の紹介第3回目に選んでみました。

(2004/08/19・荻原幸子)