【事務所通信バックナンバー】

【シリーズ】会計のはなし…   [第2回]  [第3回]  [第4回]  [第5回]  [第6回]  [第7回

会計のはなし―第1回(単式簿記と複式簿記)

 「いきなり難しい用語が出てきたな」とお思いになるかもしれませんが、これから「会計」についてお話しする上での前提になる部分です。用語に関しては随時解説を入れていきますので、ご心配なく。

 社長さん、会計帳簿はどのようにして記録されているかご存知ですか。帳簿の付け方には表題に示した通り、単式簿記(たんしきぼき)と複式簿記(ふくしきぼき)の2通りあります。

 単式簿記というのは、家計簿やこづかい帳のような「(収入)−(支出)=(残り)」という、いわゆる収支だけを計算する記帳の方法です。この方法は個人事業者の白色申告者に認められている方法です。「売上から仕入や諸経費を差し引いた残りが利益だという事くらいは誰でも分かるよ。それ以外に何があるの?」という声が聞こえてきそうですが、それ以外の要素を付け加えて記帳するのが複式簿記です。

 複式簿記も「(収入)−(支出)=(残り)」という計算をすることに変わりはありません。単式簿記と違うのは、この計算にもう一つの要素を絡めて記帳するところです。例えば単式簿記では、「10万円の売上がありました」とか「5万円の商品を仕入れました」という単純な記帳で良いのですが、複式簿記では「どのように」売り上げたか、あるいは仕入れたかを記帳しなければなりません。では「どのように」とは、具体的にどういうことなのか、売上を例にとって説明していきましょう。売上というからにはお金が入ることに違いはありませんが、実際には色々なケースがあります。現金で入金する場合、預金に振り込まれる場合、小切手や手形でもらう場合、掛け売りとなって翌月に入金する場合など、同じ売上にしても入金の仕方は様々です。単式簿記では「売上があった」という一つの事実を記帳すれば良いのですが、複式簿記では「現金で」「売上が入金した」というように、必ず2つの項目で記帳します。「掛けで」「仕入れた」、「預金から」「電気代が引き落とされた」、「当座で」「支払手形を決済した」―必ず2つの項目を満たさなければいけません。ではなぜ、わざわざこんな複雑な方法で記帳するのでしょうか。

 単式簿記では、記帳や計算の間違いを防ぐためには、とにかく気を付ける以外にありません。何度も見返して、計算し直しても、人間のやることですからなかなか完璧にはなりません。「100,000」と記帳したつもりが、ゼロが一つ足りなくて1万円になってしまっていたり、「0」を「6」と見間違えて計算してしまったりと、これと似たような経験をお持ちの方は多いと思います。複式簿記では、売上10万円と記帳すると同時に、その10万円はどうやってもらったのかを記帳します。10万円をうっかり1万円と記帳してしまっていても、「預金に振り込まれた」とか「小切手でもらった」と記帳してあれば、通帳や小切手を確認すれば間違いや不正に気付くことができます。「売上10万円」に対して「預金に10万円」「小切手で10万円」というように、必ず相手方を立てて照らし合わせるので、間違いや不正をなくすことができるのです。この「照らし合わせ」に大きな意味があります。

 間違いだらけの帳簿では、公平に税金を課することもできませんし、株主にも正しい配当金が支払われません。それでは国家や経済が成り立ちませんし、何より自分自身がいくら儲かっているのか、お金の流れがどうなっているのか把握できません。法人や青色申告の個人事業者に複式簿記での記帳が求められているのは、正しい記帳がそれだけ大切だからです。逆に言えば、「照らし合わせ」ができないような帳簿の付け方では、法人として不的確ですよ、青色申告の特典は与えられませんよ、ということです。

 商売というのは、取引をすることです。取引をするには必ず相手がいなくてはなりません。一人では無理です。商品を売るにはお客様がいなくてはならないし、お金を借りるには銀行がいなくてはならない。働いてくれた従業員には給与を払わなければならないし、出資してくれた株主には配当しなければなりません。必然的に、その取引を記録する会計帳簿も相手方を意識したものであるということをご理解下さい。

 というわけで、今後この「会計の話」は、複式簿記による会計を前提に進めていきます。次回のテーマは、「損益計算書と貸借対照表」です。

(2004/08/19・相原愛紀)

<<シリーズ前回の記事  シリーズ次回の記事>>