【事務所通信バックナンバー】

電子申告ドキュメント

 全国に先立ち平成16年2月から名古屋国税局管内において、「国税電子申告・納税システム(e−Tax)」(電子申告)が開始されました。この電子申告は、情報通信技術(IT)による産業・社会構造の変革(いわゆる「IT革命」)に取り組み電子政府の実現に向けた施策の一つとして方針が示されています。その目的はコンピュータやインターネットの活用による多様かつ質の高い公共サービスの提供を通じた国民生活の全般的な質の向上を図り、現在書面を用いて行われる申告、納税及び申請・届出等について、納税者利便の向上を図るということにあります。

 当事務所においても平成15年分確定申告から電子申告に取り組むべく研鑽を重ねております。いよいよ6月より電子申告本格スタート。今号では荻原会計事務所電子申告第1号伝送の日の模様をお伝えします。

電子申告風景1電子申告初日。TKCシステムコンサルティンググループ榊原さんにも来ていただき、万全を期します。
電子申告風景2データ送信画面。画像では見えませんが、初回電子申告となった会社の方に右側に待機していただいています。ご協力ありがとうございました。今後の推進においても事務所側からわかりやすい説明を心がけ、不安なく電子申告がおこなえるようご支援申し上げたいと思っています。
電子申告風景32004.6.28 電子申告完了 法人税・16:04 消費税・16:06

「産業革命」ならぬ「IT革命」の幕開けの場に同席させて頂き非常に光栄であります―榊原さん談話です。

(2004/07/21・荻原幸子)